理系技術者が30代で転職を考える人が増える理由

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者が30代で転職を考える人が増える理由

理系技術者が30代で転職を考える人が増える理由

理系技術者が30代で転職を考える人が増える理由は、景気の現状と、この数年でのIT技術者の活躍の仕方が要因と考えられます。景気の現状ですが、中国をはじめ東南アジアで経済発展が加速する中、日本の景気は低調なままです。特に、輸出産業である製造業を中心に好調な様子が見られません。

また、地方の衰退が問題視されており、この地域の少子高齢化は日本国内だけでなく世界規模で問題視されています。そして技術者の活躍ぶりですが、ここ数年で新しい技術やアルゴリズムが頻繁に開発されています。また、通信や金融、医療など大手が買収する企業も、ここ数年で急激に増えており、その数は50社に達しています。

この内、いわゆるIT業界に従事する技術者の数は、2015年にはおよそ35万人います。もちろん、これらは製造業の関係者やエンジニアを対象にしたものですが、非常に多くの方に採用されているのが現状です。

転職をする際、業務内容や仕事環境、給与や福利厚生などで会社を選ぶと思いますが、最も大切なのは、自分がどのようなキャリアを描くかという点です。

理系技術者が30代で転職を考える場合のポイント

理系技術者が30代で転職を考える場合のポイントは、大きく2つです。一つは自分が「何をしたいのか」を考えて欲しいということです。「技術力のある人」であれば、技術職の部署に配属されることが多いでしょう。例えば、「航空宇宙」「人工衛星開発」「プラント技術」「ロボット技術」等といった、技術力の要求される職種です。

ただ、これらの技術はこれから発展する可能性が高く、常に新しいことに挑戦できるような「エンジニアとしての発想力」が求められると言えるでしょう。また、技術をより広範囲で活かせる職種として、「医療機器開発」「エネルギー開発」等があります。

どの職種も、技術・知識よりも発想力が大切になります。つまり、技術力だけでなく、自分から仕事を作っていける「企画力」が鍵を握ると言えるのです。もう一つのポイントは、「20代で何がしたいのか」を考えて欲しいということです。

30歳と言うと、まだ転職には適齢期のようにも見えますが、実際にはもう少し早く30歳を迎える方も多いでしょう。このように、30歳というタイミングを逃してしまうと、転職活動にとても時間が掛かってしまうことになります。

理系技術者が30代で転職を考える場合は転職エージェントを活用するのがおすすめな理由

理系技術者が30代で転職を考える場合は転職エージェントを活用するのがおすすめな理由は、専門性に特化した転職サイトを活用するのが一般的です。実は、そういった転職サイトがあるわけではないんですよ。大手の転職エージェントは数こそ多いものの、技術系に特化しているわけではないのです。そういう意味では、30代のエンジニアに最適な転職サイトというのは、自分で探すというスタンスを強いられるのです。

そうなると、どういった転職エージェントが有効か迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。技術系の転職で転職エージェントを活用する場合、まずはレバレジーズテックがおすすめなんです。

レバレジーズテックは、2014年に東証一部へ上場したIT/WEB専門のアウトソーシング会社なんですよ。エンジニア職に特化している転職エージェントです。

もちろん、一般職の転職もサポートしていますが、基本的にエンジニアに特化した転職エージェントとして運営しており、さまざまなサービスを展開しているのがポイントです。レバレジーズテックが30代の技術系技術者をサポートしているポイントは3つあります。まず1つはサポート手厚いという点です。

タイトルとURLをコピーしました