理系技術者も子どもの小学校入学をきっかけに転職を考える人が増える理由

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者も子どもの小学校入学をきっかけに転職を考える人が増える理由

理系技術者も子どもの小学校入学をきっかけに転職を考える人が増える理由

理系技術者も子どもの小学校入学をきっかけに転職を考える人が増える理由は、理系大学を卒業すると「新卒扱い」で転職活動を進めるため、思うように就職できないからです。優秀な人材は採用競合も多く、倍率も10倍近くまで跳ね上がるケースが多々あります。就職氷河期世代や不景気の中では、社会人学校に通わせたり、マイナビなどの就職支援サイトなどを利用したりして、必死の就職活動で内定をつかむ必要があります。

実際、理系出身の転職者を対象に行った大規模な調査では、就職活動に費やした期間は、4年が55.3%、4年が55.9%、半年という人が1.2%でした。また、転職理由が「スキルアップ」を挙げる人も36.7%で、4年間で2割を割り込みます。

また、理系専門技術者の4割が何らかの研究機関や工場勤務という回答で、国立大の研究員など、専門性の高い仕事に就いている理系技術者が多いことがわかる結果になりました。なお、学校を卒業した後も就職が決まらないと、そのままフリーターになってしまう人が少なくありません。

理系技術者が子どもの小学校入学をきっかけに転職を考える場合のポイント

理系技術者が子どもの小学校入学をきっかけに転職を考える場合のポイントは、まず「子どもを持つエンジニアの気持ちがわかる」ことです。子どもが持つ「こうしたい」「これがほしい」という気持ちを理解できることが大切です。また、新しい技術を修得する意欲だけでなく、これまで培ってきたものづくり技術、研究・開発力を子どもには継承して行きたいと考えていると、転職先企業としては非常に魅力的な存在になります。

さらに、資格取得や実験技術の向上など意欲的な姿勢が大切です。具体的には、言語・設計・回路など専門分野に強い技術者や、電気回路、電気測定、強度計算、実験・測定などの技術を研究開発職以外で修得している技術者は、子どもを持つエンジニアが育っていくことで、より強固な研究開発体制や製品開発が実現され、子どもの成長とともに社会的信用を得ながらキャリア形成していけるでしょう。多くの転職では、キャリアや技術力が重視されることからも、子どもの教育はもっとも重要なテーマといえます。

そして、親と協力して家庭学習の時間を設けることが有効的です。

タイトルとURLをコピーしました