理系技術者のUターン転職がうまくいかない理由

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者のUターン転職がうまくいかない理由

理系技術者のUターン転職がうまくいかない理由

理系技術者のUターン転職がうまくいかない理由は、まず、「理系」ならではのキャリアをアピールできなかったことにあるのではないでしょうか?理系から別の業界に転職する場合、アピールポイントは「今までやってきたスキル・経験・資格」ばかりになりがちです。もちろん、アピールするための十分な準備が必要なのは言うまでもありませんが、それでも理系技術者は技術にプライドを持っている人が多いので、アピールを工夫すればしっかりと評価してくれるはずです。そこで本記事では、実際に理系技術者から転職したエンジニア、もしくはエンジニアとして働きたいと考えている方のために、転職を成功に導くPR法を徹底解説します。

ぜひ参考にしてみてください。PRのコツは、「理系特有の人材価値」「業界固有の人材価値」「アピールすべきポイント」を理解した上で、それぞれの業界や会社固有の働き方やスキル、社風などに合わせた経験・スキルなどを織り交ぜて話すことです。自分のアピールポイントをまとめておくことや、自分事として捉え、チームや組織で働くことをもっと大切に考えてほしいと思います。

理系技術者のUターン転職がうまくいかない場合の注意点

理系技術者のUターン転職がうまくいかない場合の注意点は、前職で成し遂げた高い成果、収入を基準に転職先を決めることです。ここを間違えると失敗する可能性が高いと思います。なぜなら、給料が高い仕事というのは競争率が高いもの。その競争に勝たないと転職先が見つからないのです。逆に、あまり高くない場合でも自分の技術を買ってくれる企業はあります。高くないけど、とにかく転職を成功させたい人は「転職時の年収をある程度考慮した転職先」を探しましょう。

まずは、自分の会社がどれくらいの給料を支払ってくれるのかを確認する必要があります。年収1,000万円の人も年収800万円の人も、最終的に求め… 転職の志望動機は?:転職活動で、志望動機について聞かれた事はありますか?志望動機は何とも言い表しようのないほど奥が深いもので、ちょっとした差でも印象に大きな違いが出ると言われています。

タイトルとURLをコピーしました