理系技術者がUターン転職する場合は地元特化型の転職エージェントの活用をおすすめする理由

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者がUターン転職する場合は地元特化型の転職エージェントの活用をおすすめする理由

理系技術者がUターン転職する場合は地元特化型の転職エージェントの活用をおすすめする理由

理系技術者がUターン転職する場合は地元特化型の転職エージェントの活用をおすすめする理由は、地元でしっかり職歴を積み重ねた上で初めて、実力やスキルを面接で評価され、企業からも重宝されるからである。技術系フリーランスは、東京で人脈を広げることも可能ではあるが、特にエンジニアとしての経験が無い人にとっては、なかなか地元企業では評価されない。経験の有無は、特に即戦力が求められる海外メーカーや外資系企業にとっては、極めて重要な要素となる。

したがって、地元に密着した転職サイトやエージェントを利用して技術系フリーランスの転職活動を行うことは、これからの人生をより深く、豊かにするためには欠かせないプロセスだといえるだろう。是非、地元志向で転職をお考えの技術者の方は、お気軽にご相談ください。

地域の事情に精通し、幅広いネットワークを築いている専門の転職エージェントが、技術者にとって最適の転職をトータルにバックアップさせていただきます。 地元志向でのUターン転職の場合、登録するキャリアエクスチェンジの全てのサービスがおすすめです。

理系技術者がUターン転職する場合は地元特化型の転職エージェントの活用のポイント

理系技術者がUターン転職する場合は地元特化型の転職エージェントの活用のポイントは、希望を伝えることです。エージェントはあくまで交渉役です。他の会社では扱っていないような案件を扱っている場合もあります。その際は地元企業と深い交流を持っているエージェントに相談してみるのもいいでしょう。地元企業の本音やUターン転職するに至った経緯などをエージェントの話しを聞くことが出来るはずです。

また地元に強いと言われているエージェントの中には、地元で働きたいと考えている技術者の相談にも乗ってくれるところも存在しているので問い合わせてみるとよいかもしれません。本気で転職を考えているなら、具体的な方法やタイミングなども聞いておきましょう。

漠然とした疑問は解決しなくても問題ありません。自分の意欲の高さを訴えるだけで、担当者は熱意を理解してくれることでしょう。このときに根気よく話をすることが大切です。

転職エージェントは技術者が働く場所が地元の会社であることを重視しています。なるべく長い期間働ける環境を希望していることを伝えましょう。そして現職が長期間の場合でも、転職活動に活かせそうな技術を持っているのであれば積極的に伝えておきたいところです。その情報を伝えたほうが書類選考が通りやすくなる場合があるでしょう。

理系技術者がUターン転職する場合は地元特化型の転職エージェントの活用の注意点

理系技術者がUターン転職する場合は地元特化型の転職エージェントの活用の注意点は、地域の偏りが問題になります。地方や地方におけるヘッドハンターの評価が悪く、逆に首都圏等の大都市圏のヘッドハンターは評価が高い傾向にあります。つまり、首都圏以外への転職を希望している場合は、地方に精通したヘッドハンターの求人案件は少ないといえるでしょう。

ただ、Uターン転職の場合はこうした点で地元特化型の転職エージェントはメリットとなるでしょう。地域ごとに求人案件の重複が多いというデメリットはありますが、求人の母数は多くなるため、地方への転職希望の場合は、活用する価値は十分にあるといえるでしょう。

地方におけるヘッドハンターの求人案件の重複については、前述のとおり、首都圏へのキャリアプランを持っている場合、利用する価値が十分にあるといえるでしょう。転職エージェントサイト上で他の地方ヘッドハンターがどのような案件を持っているかを知ることはできますが、複数の地域のヘッドハンターの求人案件を把握することは難しいため、その場合は、実際にUターン転職した人の意見を聞くことがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました