理系技術者の転職で会社には「文化」があると理解する大切さ

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者の転職で会社には「文化」があると理解する大切さ

理系技術者の転職で会社には文化があると理解する大切さ

理系技術者の転職で会社には文化があると理解する大切さは、今の日本では無謀だとしても、世界の流れは認めるところなのだと思う。当然であるが、日本は特許数を世界第一位を誇っている。外国では特許を軽視している国が多々ある。それは何故だろう?それは技術者からの発案や会社からの指示、上司の命令で仕事を進めているとすると大きな問題を生み出す恐れがあるからだ。つまり、機械任せの仕事やコンピューター任せが普通に行われる仕事になると、人間としての教養が欠如して失敗や挫折する確率が増えるのだ。

日本人は世界の人たちと仕事をして生きて行くには、自分自身が自分の目で確かなことを確認する必要があると思う。そのひとつの方法が、多くのことを学ぶと言うこと。

そして多くのことを体験する事が重要だと思う。これは何も技術分野に限ったことでは無く、人間として普通に経験することが重要なのだ。それが出来ない人が日本には多い。外国に仕事に行く人も企業の海外進出に協力する人が増えている。それはそれでいいのだが、我々技術者は社会で活躍できるだけの能力を身につけることが先だと思う。

理系技術者の転職で会社には文化があると理解するポイント

理系技術者の転職で会社には文化があると理解するポイントは、仕事においても人それぞれ個性があり、常識を持っている人の多くは少数派だという事です。技術職と呼ばれる資格職の場合には、この当たり前の事実を社会人・経営者として、まず意識するのが重要だと僕は考えています。つまり同じ「理系」でも業種(仕事内容)によって持っている常識や価値観が違う、という事を理解しておく必要があります。

それは技術系であれば、同じような技術を習得している方々が大勢いるので個性の差異を感じることはあまりありませんが、営業職やIT部門に属するエンジニア職ではそうはいきません。理系の仕事も基本的にチームワークが要求される仕事なので、結局は「業務内容と個人の才能で線引きしづらい」業界だと認識しておいてください。

これが経営学の理解と異なる点です。次に、個々人の能力により業界に対する理解が異なるという点について理解を深めておく必要があります。

理系技術者の転職で会社の文化に馴染めない場合は転職エージェントへの相談がおすすめな理由

理系技術者の転職で会社の文化に馴染めない場合は転職エージェントへの相談がおすすめな理由は、異文化の壁を少しでも小さくできることです。転職エージェントであれば、各業界の有名企業の専門的な技術に詳しいアドバイザーから、採用側が求めている技術を理解した上での「新しい世界」のための転職活動のサポートを受けることができます。そうすることで、自分の本当の強みや価値がより引き出しやすくなるのです。

異文化の壁を少しでも小さくしてくれるという点で転職エージェントは転職エージェントを利用するメリットだと言えます。自分の価値を最大限に引き出してくれることこそが、転職活動の失敗を防ぎ、成功への近道なのです。

転職エージェントの無料サポートは転職エージェントを利用した場合のメリットがある一方でデメリットもあります。デメリットの3点目は、転職を考えている企業の情報が少なく、それを考慮して転職活動をして欲しいところです。

求人の募集と求職者の紹介を無料でやっている転職エージェントの多さは、採用側と求職者との面談を人件費の安い仲介会社に任せているからです。つまり、転職活動をしているユーザーの相談に乗ってくれたり、自分の意思が尊重された企業を紹介してくれるとは限りません。

タイトルとURLをコピーしました