理系技術者の転職で今の仕事に何の意味があるのだろうと悩んだ場合は?

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者の転職で今の仕事に何の意味があるのだろうと悩んだ場合は?

理系技術者の転職で今の仕事に何の意味があるのだろうと悩んだ場合

理系技術者の転職で今の仕事に何の意味があるのだろうと悩んだ場合は、技術者と経営に何らかの関係があった方が良いです。技術的な話も重要ですが、同時にマーケティングであったり、企画、サービス、アフターサービス、法務などの仕事をやる方が自分の能力の延長として技術者に対していろいろな付加価値を付けられることが多いです。経営と技術をつなぐところが、転職エージェントのような存在になってくるので、業界内でのブランド力があるようなところに相談を持ちかける方が良いです。

業界のブランド力がなければ、非エンジニアや技術部門管理、技術部門次長、部長というような上の人は話を聞いてくれるかもしれませんが、それ以上の企業の中で重要なポジションに就いた場合に話を聞いてくれる可能性は低くなってしまいます。自分のキャリアを棚卸しして、今は技術者としてどれ位の仕事をやっているのか、技術者として次にやりたい仕事はどのような物なのか、どのようなキャリアを積み重ねて行きたいのかを考えて転職活動を行うことが大事です。

技術力以外に自分自身ができることを組み合わせて、キャリアアップを見据えた行動をしましょう。キャリアアップを考える場合には、技術者を辞めない方が良いです。

タイトルとURLをコピーしました