理系技術者の転職で愚痴をいうくらいなら転職活動をした方がマシと言われる理由は?

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者の転職で愚痴をいうくらいなら転職活動をした方がマシと言われる理由は?

理系技術者の転職で愚痴をいうくらいなら転職活動をした方がマシと言われる考え方のポイント

技術の質の高さは当然のこととして、応募者の知識や能力が客観的に把握できないような志望動機や職務経歴書では採用担当の人を納得させることは難しいと言わざるを得ません。理系技術者が仕事や転職で愚痴を言うくらいなら、その時間を資料作成の時間に当てたり、自己分析や企業調査のために時間を使った方がとても有意義な時間の使い方になります。

例えば、職務経歴書を作成する際には「仕事に対する考え方」や「やりがい」「将来の展望」などという項目について、自身の言葉で詳しく記載することも重要です。また、仕事の求人募集に応募した際も採用されるためには、履歴書の段階でまずまずの出来でなくてはなりません。

履歴書で良い結果を得るための記入事項は、まず職務経歴書でアピールする「技術・知識」より目立つようにしています。職務経歴書では履歴書のより詳細な箇所について、書くように心がけます。

理系技術者の転職で愚痴をいうくらいなら転職エージェントに相談して転職活動を始めた方がよいと言われる理由

理系技術者の転職で愚痴をいうくらいなら転職エージェントに相談して転職活動を始めた方がよいと言われる理由は、キャリアコンサルタントが過去には言えなかった業界の事情や、別の会社で技術系の経験を積んできた人の実体験を踏まえて支援をしてくれるため、転職活動の成功確率がアップするということです。

そのため、自分に合ったキャリアコンサルタントを見つけてほしいと思います。自分一人で転職活動をするのは大変だという方は、転職活動がうまく行かず何か問題が出てきたときに、自分一人では解決できないと思ったとき、早めに転職エージェントを利用するようにしましょう。愚痴をこぼして、転職活動が停滞してしまうより、素直にプロに頼る方が解決が早いと思います。

転職エージェントを利用することで、プロのキャリアコンサルタントからアドバイスを受けられるので、今まで考えてもみなかったようなアドバイスで新しい世界が開けるかもしれません。また、転職エージェントによっては、未経験でも技術系職種に挑戦できる求人を紹介してくれるところがあるので、はじめから他の業種に転職したい場合は、利用するのも1つの方法です。

転職活動は、今自分がチャレンジできる可能性があることを把握した上で行動すると、転職が成功して今よりよくなる可能性も高くなります。

タイトルとURLをコピーしました