理系技術者の転職で「自分の市場価値を知りたい」という姿勢では転職に失敗する理由とは?

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者の転職で「自分の市場価値を知りたい」という姿勢では転職に失敗する理由とは?

理系技術者の転職で自分の市場価値を知りたいという姿勢では転職に失敗するという考え方のポイント

理系技術者の転職で「自分の市場価値を知りたい」という姿勢でのぞんでいては転職に失敗するという考え方のポイントは、社会人の経験を持たない学生にありがちな「理系だから理系職」という誤解です。

理系技術者を希望する方は、理系職の経験を積むことが一番のスキルアップに繋がるとの認識をお持ちだと思います。確かにそうではあるのですが、一番重要となるのは仕事を通じて得られる自己の経験価値です。そして、その経験価値のレベルは客観的な評価(営業スキルや技術スキル)と自己の経験価値とでは大きな差が生じてきます。自身の経験価値を客観的に評価して、自身の経験価値を上回る転職先を見つけることは並大抵の努力ではできません。だからこそ、転職に早く成功した人達は、より客観的な評価のツールとして転職エージェントなどのコンサルティングサービスを有効活用するのです。

理系技術者の転職で自分の市場価値を一応確認したい場合は転職エージェントへの相談がおすすめな理由

理系技術者の転職で自分の市場価値を一応確認したい場合は転職エージェントへの相談がおすすめな理由は、職務経歴書だけでなく、実際にどのような技術経験があるかという点を客観的に判断できるからです。転職エージェントでこのようなチェックをしてもらえる為、自分の職歴を面接時に聞かれても、自分を積極的にアピールする材料として使用することができます。

転職が上手くいく秘訣として、転職エージェントの力を積極的に活用することもおすすめです。自分のキャリアに自信を持ち、失敗の少ない転職を行うようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました