理系技術者の転職で「転職にはストーリーが必要」と言われる理由は?

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者の転職で「転職にはストーリーが必要」と言われる理由は?

理系技術者の転職で転職にはストーリーが必要という考え方のポイントは、理系の知識が必要な技術者でも、転職を成功させるには十分なストーリーが必要ということです。ストーリーは、転職する人の強みと弱みが交錯している状況で、それをどう表現するか、どうしてそれを選んだかによって、より具体的なイメージをするための鍵になります。

転職をしたいと考え始めた理由は、人それぞれ。転職を検討する人、現在転職を考えている人、転職に成功した人、それぞれ異なる状況で、何を伝えるかが重要になります。「強み」と「弱み」を明確にしながら、場面場面でどの「強み」を、どのように使い、ストーリーを構成するかが問題です。

面接官は人です。

人の心を動かすには、ストーリーがとても有効です。印象にも残りやすくなります。実績や経験が並べられた履歴書で何が伝わるでしょうか?もし、あなたが面接官だったら、どんな人を選びたいですか?面接官はあなただけを面接しているわけではありません。視点をもっと広く、高くする必要があります。もし、あなたが面接官だったらどんな人を面接で合格にしたいかを考えてみましょう。

まずは、その印象に残ることが大切だと思いませんか?

ストーリーは心に残りやすい。印象的なストーリーは人の心を動かします。あなたの転職のストーリー、考えてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました