理系技術者の転職で「最後は自分で決めることが大事」と言われる本当の理由

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者の転職で「最後は自分で決めることが大事」と言われる本当の理由

理系技術者の転職で最後は自分で決めることが大事と言われる考え方のポイント

理系技術者の転職で最後は自分で決めることが大事と言われる考え方のポイントは、職に就くか就かないかを判断するのはあくまで自分自身であり、何をすべきかは自分の人生で決めるという考え方です。技術者は技術者として、エンジニアはエンジニアとして生きる、そのためにどうすべきかということを人生の中で決めた方が、気持ちの上で楽になれるのではないかと思います。

どの会社を選んで入社するかという観点はもちろん重要ですが、それと同時に、入社後にどうしたいのか、退職後の人生を含めてどうしたいのか、をよく考えてから決めるとよいと思います。これは人によって異なりますので、身近な人であればどのようにキャリアを考えるかを聞いてみてください。仕事の楽しさだけ重視する人は、給与とか休みは後からでも良いでしょう。逆に、高い給料や福利厚生などがモチベーションで頑張れる人は、そういう点に注目した方が良いでしょう。

エンジニアが転職するにあたって、一番心配なのは、会社が自分を必要としなくなることなのかもしれません。その恐怖や不安こそ、転職活動をする原動力なのだと思います。自分が仕事を楽しくしているかどうかについて、一度考えてみることがよいのではないでしょうか。特に10年後の自分は想像できないでしょうから、10年後のことを考えて今の自分の気持ちを評価するのはやめた方が良いです。

理系技術者の転職で良い決断をするために転職エージェントに相談するのが良いと言われる理由

理系技術者の転職で良い決断をするために転職エージェントに相談するのが良いと言われる理由は、様々な転職の手段を揃えているためです。転職エージェントなどの人材紹介会社を介した転職は、コスパが良く、得をするとされる点です。

まず、求人を探す手間とコストが格段に減らすことができます。技術系・工学系の分野において、希望にピッタリの求人はなかなかな見つけにくいものです。求人を自力で探すのは、倍率も高く採用担当者側のハードルも高いため、在職中に探すのは至難の業だと言えるでしょう。そんな中、転職エージェントのサービスを利用すれば、膨大な数の求人情報の中から希望する案件の絞り込みや、面接日の調整、スケジュール調整など、面倒な手続きを代わりにやってくれます。

さらに、無料で求人の面接に受けに行けたり、キャリアアップに関する資料をもらえたりと何かと便利なのが転職エージェントの良いところです。皆さん、このようなサービスを利用して、よい求人を探しながら自分一人でも妥協なく求職活動をすることが可能なのです。

タイトルとURLをコピーしました