理系技術者の転職で「給料が安い」と心配になったらどうするか?

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者の転職で「給料が安い」と心配になったらどうするか?

理系技術者の転職で給料が安いと心配になった場合の考え方のポイント

理系技術者の転職で給料が安いと心配になった場合の考え方のポイントは、今はまだ、社会人としてスキルを身に着けて成長過程にあること考えることです。どんどんスキルを身につけて、自分を必要としてくれている色んな企業で経験をつめば、給料は自然に増えていきます。

理系技術者の転職では、給与額が同年代よりも低い場合も珍しくありません。理系技術の経験をフルに活かせる業界は、日本全体を見ると少なく、必要とされる仕事の内容も少ないのが現状です。このような状況下では、雇用者の考え方にもよりますが、給与額によって仕事を減らすなどの動きが出てくるものです。転職理由を確認した上で、明確な理由を元に採用の確率が高そうな企業に応募してみるとよいでしょう。

自己分析を行っている場合は、企業に応募する際には必ず自己アピールをすることがおすすめです。前職での雇用条件が良かったという理由を伝えることも重要ですが、前職ではどのようなスキルを身につけたのかを積極的に表現することもプラスに働く場合が少なくありません。

より具体的にアピールできる情報を準備しておくとよいでしょう。また、評価されるスキルを身につけることができれば、企業からの評価が高い場合が多く、転職後の待遇が上がる可能性もあります。

理系技術者の転職で給料が安いと心配になった場合は転職エージェントに相談しながら転職活動を進めるのが良い理由

理系技術者の転職で給料が安いと心配になった場合は転職エージェントに相談しながら転職活動を進めるのが良い理由は、転職者の立場は弱いからです。転職の最後に待ち受けるのは、給料をどうすべきか?という交渉です。自分一人で交渉すれば、ほぼ失敗して、前職と同じくらいです。これでは、転職した意味はほとんどありません。転職エージェントに仲介してもらえば、給与の交渉はエージェントの仕事なので、低くても前職と同水準、交渉次第では前職を大幅アップということだってあります。

企業の業績や風土も大切です。個人の転職活動では限界もあるので、エージェントにきっちりお願いするのが良いです。例えば、転職後3ヵ月間は昇給どころか減給になっている可能性だってからです。 一般的な転職活動でもそうですが、未経験分野への転職後は、会社から見て「戦力外」と見なされることでの「減給」が発生する事は少なくありません。転職によって年収が大きく下がっているのであれば、もしかすると転職によって業績が下がった可能性もあるかもしれません。つまり、転職先が同じような業績しか出していないのであれば、その年収に文句を言わず、転職先の業績が向上する様に一生懸命働かなければいけないのです。

業界で伸びている企業、自分のスキルにピッタリな仕事をみつけるには、転職エージェントを活用しない手はないと思います。

タイトルとURLをコピーしました