理系技術者の転職では採用側の戦略を知るのが大切と言われる理由

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者の転職では採用側の戦略を知るのが大切と言われる理由

理系技術者の転職では採用側の戦略を知るのが大切と言われる理由

理系技術者の転職では採用側の戦略を知るのが大切と言われる理由は、技術者は自分の専門性をベースにした仕事をしたいと考える傾向が強いからです。こう言うと「専門性なんて必要ない」「自分のやりたいことをやれる仕事の方が良い」と言う人も少なからずいるとは思いますが、そういう人は自分のやりたい仕事と自分の専門性の結びつきが弱すぎて、逆に転職に困るパターンが多いです。

エンジニアの仕事はあくまで細分化されており、そして技術者ならば誰もが自分の専門分野を持っているものです。そしてその「専門分野」は「自分のやるべき仕事・やるべき技術」の中で明確に区切られているものです。 この区別をはっきりさせるのが転職なのです。そして、それを明確にすることが自分のやりたいこと・やるべきこととのつながりを見出しやすくなるのです。

だからこそ、技術者として現場で働く機会が多い転職においては、採用側の意図を知ることは重要なのです。 つまり、キャリア形成を視野に技術者の転職を考えるときに重要なことは、どのような技術をこれから自分がやるのかを知ることと、自分のこれまでの道のりをイメージすることなのです。

理系技術者の転職では自分の強みを理解することが大切という考え方のポイント

理系技術者の転職では自分の強みを理解することが大切という考え方のポイントは、強みを強く認識してそれを磨き続けることが重要であるということと、自分の強みを理解して自分の強みをいかに伸ばしていくかが重要であるという2点を併せて理解することが重要になります。

技術者の転職において、特に差別化された「強み」を理解することは簡単ではありませんが、自分の強みを正しく認識してそれに対して研鑽を積むことによって、転職してからすぐに自分の強みを活かすことができる場合が多いため、まずは自分の強みの理解を深めていくことが重要になります。また、自分の強みを理解し、自分で活用しようとする姿勢を持つことが大変重要です。

転職活動での強みは、自分のやってきたことや目指したいことを明確にすることによって見つけやすくなります。転職エージェントを利用して、自分の強みやアピールポイントを客観的に評価してもらうのもよいでしょう。自分の強みをいかに意識し、自分の強みを磨くことが重要かがわかります。

タイトルとURLをコピーしました