理系技術者の転職で「資格」を優先すべきか?

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者の転職で「資格」を優先すべきか?

理系技術者の転職で資格取得を優先すべきか迷った場合の考え方

理系技術者の転職で資格取得を優先すべきか迷った場合は、資格はもっている方が良いと思います。理由は、エンジニアが転職でもっとも多く聞かれる質問で、技術力を証明できるかどうかの不安を解消する唯一の方法でもあります。

むしろ、そのスキルで企業側の採用に関する満足度を向上させることも期待できるので、技術習得はその後の転職活動でもとても有利になります。 専門性の高い資格を保有をすれば、今後の業界や職種選択の幅が広がります。

理系技術者の転職で資格取得を優先すべきか迷った場合の考え方のポイント

理系技術者の転職で資格取得を優先すべきか迷った場合の考え方のポイントは、将来を会社に任せず自分で勉強をする覚悟を決めてから資格取得を目指すことです。資格取得するための学校や通信教育もありますから、リスキリングという言葉が一般的になってきた今では、当然かもしれませんね。

しかし実際は、日本の企業は就職したときの区分が総合職であるため、自分が希望する技術職で働き続けるのはそう簡単なことではありません。転職回数が多いと転職のチャンスは少なくなる傾向にあり、転職活動の難易度がさらに上がります。そういう意味では、転職の戦略的な考え方としては、不確実な状況で転職活動を進めるよりも、資格取得を先に考えて挑戦したほうが可能性が広がります。

資格があるほうが、転職希望者も採用する企業側も欲しい仕事や人材を獲得できて、ミスマッチが少なくなるというメリットがあります。職業として技術者を希望するのであれば、資格取得により技術者として第一線で活躍できるようになることがなによりのポイントです。技術者として独り立ちできるようになるまでには時間がかかりますので、今ならできると思うようになってから資格取得の勉強を始めたほうがモチベーションが続きます。

最終的に技術者として働き続けることが決まっているのであれば、早めに資格取得を目指しましょう。その方が自分の目標も明確になるため、効率的に勉強できます。一方、今は技術者として活躍しなくても将来の転職のために勉強して資格を取ったほうがいいと考える技術者の方は、転職活動を優位に進めるためのスキルとして技術を磨いておくとよいでしょう。このように柔軟な考え方で転職活動を進めたほうが、いろんなチャンスに巡り会えると思います。

タイトルとURLをコピーしました