理系技術者の転職では「いままで経験した仕事」が重要視される理由

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者の転職では「いままで経験した仕事」が重要視される理由

理系技術者の転職ではいままで経験した仕事が重要視される理由

理系技術者の転職ではいままで経験した仕事が重要視される理由は、実際に「何を実現したいのか」というビジョンを持ち、事前に企業のことをよく調べることを心がける姿勢が大切だと思います。なぜなら、『何を達成したいのか』という目標や自分の持つ専門知識を活用できる業務を選びやすくなるから」です。

また、理系技術者が転職をする際に求められる資格は、専門職以外はそこまで多くないようですが、持っている資格が有利に働くということでは、結局のところやはり、『国家資格』が有力なようです。自分の持つ専門知識や経験した仕事を活かした転職を考えるなら、関連資格を過不足なく取得し、職務経歴書や面接でアピールすると、採用担当者や面接官にも経験や熱意が伝わりやすくなるはずです。

理系技術者の転職ではいままで経験した仕事が重要視されるという考え方のポイント

理系技術者の転職ではいままで経験した仕事が重要視されるという考え方があります。しかし、いざ転職となると、今までの仕事を通じて、何を達成したいのか、どんな風になりたいかがちゃんと決まっていないため、具体的に志望動機を考えられない方も少なくないはずです。

転職の際の面接では、確認されると思われる事項はだいたい同じようなことですから、先回りして青写真を描いておいて、きちんと説明できるよう心得ておいてください。転職の志望動機として、「何を達成したいのか」、「どんな風になりたいか」が曖昧でうまく説明ができなくなったり、否定的な言い方はやめましょう。できれば、自分の経験や能力に自信があるのだなと思わせるくらいのアピールがあると良いです。

仕事を変えるの理由として良いものは、まず、本気で転職したくなった理由を言葉にしてみてください。難しいと感じる人はノートに書き出してみましょう。そして、それがネガティブに受け取られないように表現の仕方を変えてみてください。今までの仕事で経験したことや、それを活かして「何を達成したいのか」、「どんな風になりたいか」を書いていくと、自分の考えをうまくまとめられると思います。

タイトルとURLをコピーしました