理系技術者の転職では「企業の成長ステージ」を意識すべきと言われる理由

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者の転職では「企業の成長ステージ」を意識すべきと言われる理由

理系技術者の転職では「求人先の企業の成長ステージ」意識すべきと言われる理由

理系技術者の転職では「求人先の企業の成長ステージ」意識すべきと言われる理由は、やはり理系の技術者には『役割』があって企業の成長期・企業の拡大期・企業の成熟期では求められる人材が異なるからです。もちろん、年齢が上がれば給与もあがりますし、人材側に求められる経験や役職・実力なども変わってきます。

一般的に、エンジニアの場合、若手から中堅の技術者であれば、ある程度の能力さえあれば、転職市場においては市場価値は高いと言って良いでしょう。その年齢でしたら、転職の焦ることはないと言えます。ただし、中小規模の会社において、中年技術者が転職を考えた場合、これまでと同じ給与が貰えない可能性も十分にあることを認識しておいて下さい。

理系技術者の転職では「求人先の企業の成長ステージ」意識すべきという考え方のポイント

理系技術者の転職では「求人先の企業の成長ステージ」意識すべきという考え方のポイントは、技術者がその中の「どのステージで活躍できるか?」というイメージを持つことが大事という点です。それぞれのステージ別で、転職のベストなタイミングとして、転職すべき時期を考えていく必要があります。

技術職が転職で成功するポイントは、転職を考えている求職者ではなく、求職者に仕事を紹介する側の企業にフォーカスして考えていくことです。

理系技術者の転職では求人先の企業の成長ステージ」自分の経験がマッチしているが不安な場合は転職エージェントへの相談をおすすめする理由

理系技術者の転職では「求人先の企業の成長ステージ」自分の経験がマッチしているが不安な場合は、転職エージェントへの相談をおすすめします。

その理由は、「求人先の企業の成長ステージ」によって求められる技術者は異なるので、自分の経験に合った転職先を紹介してもらうことによって転職活動にミスマッチのない転職ができるからです。例えば、起業して間もない会社なら「一人でなんでもできる技術者」が求人されるでしょうし、新しい商品開発をしたい時期なら「研究ができる技術者」が、安定期なら「管理ができる技術者」が求められるなど、企業のステージによって求人内容は大きく異なるものです。

技術者として経験を積んできた、もしくはこれから経験を積みたい人にとって転職は人生を変えるくらい大きな決断です。求人で求められる人材をしっかり見極めて応募しないと、「こんなはずではなかった」という満足できない転職になってしまいかねません。経験者やスキルを重視した、自分にピッタリの転職を行いたいなら、転職エージェントに相談して、技術者と企業の求める理想の人材にミスマッチが生じないように計画的に転職活動を進めるのがおすすめです。

おすすめ情報として、私も利用したことのある転職エージェントを紹介しているので、是非参考にしてみて下さいね!

タイトルとURLをコピーしました