理系技術者の転職では自分のブランディングが大切と言われる理由

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者の転職では自分のブランディングが大切と言われる理由

理系技術者の転職では自分のブランディングが大切と言われる理由

理系技術者の転職では自分のブランディングが大切と言われる理由は、例えばIT系の開発会社やベンチャーへの転職だと、その技術がどれだけ人気でどれだけお金を稼げるかがすべてだからです。自分が開発技術を持っていることをセールスポイントにして入らないといけません。

これは営業と一緒で、転職では自分のスキルを高く評価してもらうということになります。

転職にあまり興味をもってこなかった人にとっては少しハードルが高い話と感じるかもしれませんが、誰でも会社名で稼いでいるという部分はあると思います。転職では、その会社名を頼りにせずに、個人として評価されるので、自分が何ができて、転職先へどのような貢献ができるのか、即戦力として実力を発揮できるのか、といったところを他と明確に差別化する必要があります。いわゆる、個人にもブランディングが必要だということになります。

そのような視点で転職に取り組めば、自分の実力を高めることにもつながり、満足のいく転職に近づくのではないでしょうか。

理系技術者の転職では自分のブランディングが大切という考え方のポイント

理系技術者の転職では自分のブランディングが大切という考え方のポイントは、現在の自分のスキルをどこまで高められると言えるかということになります。理系の求人というのは、技術者が専門的な技術力を高いレベルで発揮できる職場というのが第一条件です。また、高い技術力があっても、他部署の人とコミュニケーションがうまくとれる人でなければ、チームワークを発揮できる職場とはいえません。

資格や技術力が高いだけだと職場では大きな強みにはなりませんが、他の理系技術者がどのような特徴があるのか、どのような会社なのかということは転職する際には非常に参考になるのです。また、企業に所属しても、会社に所属していないフリー技術者としてアピールできるようにしておきたいものです。

ここで気をつけたいことは、技術力をつけてきたという理由だけでアピールするのではなく、どのような会社でどのような成果を残したのかということを示すことです。転職する際に武器にすることができる実績をどのようにつくるかということが重要となります。

求人企業から見たときにも、転職者から見たときにも、しっかりとしたキャリアがあるということは転職する前の会社では強力な戦力であるということがポイントになります。

タイトルとURLをコピーしました