理系技術者の転職では自分の人生を振り返って考えるのが大事と言われる本当の理由

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者の転職では自分の人生を振り返って考えるのが大事と言われる本当の理由

理系技術者の転職では自分の人生を振り返って考えるのが大事と言われる本当の理由

理系技術者の転職では自分の人生を振り返って考えるのが大事と言われる本当の理由は、理系技術者として成功するには、技術を知るだけでは足りないからです。採用企業が求める能力は技術力であり、能力は持って生まれたものも大きいですが、育つ力というのは将来成長させたいということをあらかじめ視野に入れなければ身につきません。それにプラスして、企業の求める技術を知らないと、その高い技術や将来性を持った理系技術者であっても、採用されない可能性があるわけです。

もし理系技術者として就職したならば、企業はそこそこの技術力を持ったエンジニアよりも、技術力+αの能力を求めます。その一つが自己分析です。理系技術者の転職で問われることが多い、自己分析のテーマを整理し、自己分析の具体的な方法、採用に向けての考え方とアピール方法を身につける必要があります。

理系技術者の転職では自分の人生を振り返って考えるのが大事という考え方のポイント

理系技術者の転職では面接を苦手とする人も多いですが、面接官に対して、自分の人生を振り返ってアピールしてみるのはいかがでしょうか?

大事なポイントは、それはまず、「自分の専門」について自分の『感情』からスタートしてみること。そして、「これを成し遂げてきたのはこういう理由からであり、こうなったのもこういうことなのだ」といったストーリーを作ってみると良いと思います。この考え方を、自分の専門でもそれ以外の分野でも、どのように広めていくのかがポイントです。

物語がうまく成り立つかどうかはまた別の話ですが、そうやって自分の持つ得意技と、周りの仲間との人間関係が連鎖していくことで、あなたの進むべき方向はより強固なものになっていくと思います。そこから自分の人生を変えていくこと、そして自己実現的にその道を極めていくことも、そう難しくはないと思います。自分が関わっていきたい会社、そこで働くことを想像して実践してみて下さい。

そのために何が出来るだろう、自分の強みとなるものは何か、そうしたことを自分の中で考えてみると、選択肢の多さが違ってくるはずです。

タイトルとURLをコピーしました