理系技術者の転職で能力は高いのに落とされてしまう人はパーソナリティを見つめ直した方が良い理由

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者の転職で能力は高いのに落とされてしまう人はパーソナリティを見つめ直した方が良い理由

理系技術者の転職で能力は高いのに落とされてしまう人はパーソナリティを見つめ直した方が良い理由

理系技術者の転職で能力は高いのに落とされてしまう人はパーソナリティを見つめ直した方が良いかもしれません。

理由は、ただ単に協調性がないと判断されただけではありません。採用する側としても性格面など、他者理解が必要としています。これをないがしろにして、「会社に貢献してくれる優秀な人材を雇える」とは考えてはいないのです。

理系技術者は、転職の際、どうしても個人目線になりがちです。転職先として希望する採用担当者になった気分で、職務経歴書や面談でのやりとりを落ち着いて見直してみましょう。独立して仕事をする場合は個人の能力で仕事を引き受けるわけですが、会社に所属する場合はチームワークで仕事をすることになります。技術職はよく「個人の能力」と勘違いする人が多いですが、会社で対応する仕事には「営業」や「総務」、技術部門でも「上司」や「後輩」だって関係しているわけです。能力が高いのに落とされてしまう人は、そのような1段高い視点で周囲とのコミュニケーションを考えてみると良いと思います。

理系技術者の転職でパーソナリティに不安を感じる場合は転職エージェントに相談した方が良いと言われる理由

理系技術者の転職でパーソナリティに不安を感じる場合は、転職エージェントに相談した方が良いでしょう。理由は、面接官と話す事で「自分とは何か」を深く掘り下げて理解する事が出来るからです。逆を言えば、技術者としてキャリアを重ね、エンジニアとしての自分の立ち位置や立場を理解した上で転職活動を行っている方は、他の技術者とコミュニケーションを上手にとりながら仕事することに対して難しいとは考えません。

エンジニアの価値観や考え方は、技術者の多様性によって大きく異なる事を理解し、他の技術者を尊重し、一緒に協力すべき存在であるということを知っています。そういった考えを理解し、面接官とやり取り出来る方の考えであるならば、面接官にパーソナリティで不安を与えることもないでしょう。自分自身の置かれている状況や自分の立ち位置を理解した上で、これからどうしたら良いのかを考えることが大切です。

これから良いキャリアを積みたいと考えている技術者は是非参考にしてみてください。私もよく利用している転職エージェントは、冒頭で「おすすめ情報」として紹介してあります。まだ転職を考えていない方でも、自分の将来の設計のために利用している方も多くいるので、是非参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました