理系技術者の転職では求人票の深読みが大事と言われる理由

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者の転職では求人票の深読みが大事と言われる理由

理系技術者の転職では求人票の深読みが大事と言われる理由

理系技術者の転職では求人票の深読みが大事と言われる理由は、自身のキャリアをわかりやすく言語化することで、企業の採用側に向けて自分の価値を可視化できるからに他なりません。求人票の深読みをする中で自分自身の中で深めておきたいことがあります。

まずは、技術面の専門性や、現在の立ち位置など。これについては、技術の「トレンド」に関する内容を確認しておくことが重要です。また、マネジメント力や専門性について、記載漏れがないように心がけましょう。応募先企業が求めている人材像と自身のスキルに開きがあった場合、他業界へ転職せざるを得ない状況に追い込まれる可能性もあります。応募先企業の求める人材像を吟味したうえで、過去の経験や知識の棚卸をすることも重要です。そして、今現在身に付けている知識を、志望する企業においてどのように活かしていきたいか、という思考プロセスを考えてみましょう。

戦略的思考力が身についていれば、後々のキャリアアップや転職における武器となり得ます。

理系技術者の転職では求人票の情報について転職エージェントから適切なアドバイスをもらうのが良い理由

理系技術者の転職では求人票の情報について転職エージェントから適切なアドバイスをもらうのが良い理由は、求人票には細かい情報が記載されておらず、ホームページや応募用のホームページに掲載されていないことはよくあるからです。

転職エージェントには、キャリアコンサルタントと呼ばれる膨大な企業情報にアクセスできる専門家がいますので、あなたの希望や身につけているスキルや経験に応じて、例えば「業界未経験でもOK!御社の事業方針にぴったり合う技術者がいます!」ということで求人紹介を行ってくれるので、転職先に「こんな技術を持った人がいますよ!」と具体的にできるので、企業側との交渉もスムーズに行うことができるようになるのです。

もちろん、転職後に「思っていたのと違う」ということにならないため、企業に対する情報の精度は大切です。それは自力で転職活動するのと転職のプロである「転職エージェント」では、圧倒的に「転職エージェント」に軍配があがります。なぜなら転職エージェントのキャリアコンサルタントが求人票だけでなく、過去の離職率などのキャリア情報をチェックして、企業の将来性を見極めることもできるからです。

タイトルとURLをコピーしました