理系技術者の転職では職務経歴書で自分をどうみせるかを意識することが大事と言われる理由

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者の転職では職務経歴書で自分をどうみせるかを意識することが大事と言われる理由

理系技術者の転職では職務経歴書で自分をどうみせるかを意識することが大事と言われる理由

理系技術者の転職では職務経歴書で自分をどうみせるかを意識することが大事と言われる理由は、理系の仕事では新卒を採用せず中途採用者で採用するという形態をとる場合が多く、理系の場合、研究に関する実績はもちろん、経験した技術をきちんと説明する事ができるかどうかで、転職後の職場に対する自分の役割を理解し、それにふさわしい適応力があるかどうかが判断されるからです。

しかし、就職の際には研究歴が重視される事はありますが、自分の研究や仕事に対する考え方や姿勢などを述べることは重要です。そのために職務経歴書にはプロジェクトや研究についての具体的な説明と、チームワークで仕事を成し遂げた過程を具体的に説明することが必要であり、それができると職務経歴書の有効性は高まります。

転職を成功させるためには、まず自分の能力を売り込むために必要な、職務経歴書の準備を進めることがとても大切です。 理系の場合は企業によって採用する人数にばらつきがあり、経験年数がそれほど重視されないところもあるので、経歴を活かせる仕事であればその企業の基準を気にせず、採用に至るかどうかを検討することができるのも転職に有利といえます。

理系技術者の転職では職務経歴書で自分をどうみせるかを意識することが大事という考え方のポイント

理系技術者の転職では職務経歴書で自分をどうみせるかを意識することが大事という考え方のポイントは、結局、「自分が何をやりたいのか」をはっきりさせることで企業と個人の相性を見極めることだといえます。

ただ、転職に対する何も戦略がなく自分のやりたいことの羅列は駄目だということです。もちろん、自分を知っている企業であれば職務経歴書でなんとなくでも自分のキャリアを伝えることはできるでしょう。ただ仕事に対する熱意や、企業を良くしたいという気持ち、資格などを訴えると企業からは「この人は仕事に対してやる気があるのだな」と少なからず評価してくれます。実はこういった熱意や姿勢は仕事には欠かせないものなので、採用担当者を動かすためには必要かもしれません。

しかし、即戦力や経験、実力を求める転職市場においてそういったアピールは重要視されませんので注意が必要でしょう。それよりも、何をやりたいのか、また、そういう会社にどう貢献できるのかという部分をアピールするようにしましょう。そのため、企業が重視するのは具体的にどれだけ仕事ができるかという点になります。

このように職務経歴書では、経験や仕事内容・アピールしたい実力によって「自分をどう魅せたいか?」を考えながら仕上げると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました