理系技術者の転職では自己効力感が大切と言われる理由

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者の転職では自己効力感が大切と言われる理由

理系技術者の転職では自己効力感が大切と言われる理由

理系技術者の転職では自己効力感が大切と言われる理由は、転職では自分の気持ちを抑えるために嘘をついたり、転職を繰り返すのではなく、しっかりと向き合い目標に向かって頑張ることが大切だからです。

自己効力感が高ければ高いほど「自分は転職で成功できる」と考える傾向がありますが、それでは満足のいく転職にはなりません。それぞれの求人で自分を評価してもらう必要があるため、正しい目標や努力が必要です。転職には大きな決断が必要ですが、行動するという意味では、自己効力感は低いよりは高いほうが転職を成功させるのに有利です。

理系技術者の転職では自己効力感が大切という考え方のポイント

理系技術者の転職では自己効力感が大切という考え方のポイントは、意識を変えていくことです。技術者に自己効力感を与えるには、「もっとキャリアップをしたい」というモチベーションが自然に出てくるように心理構造を変えていくことが、まず必要だと思います。それは、若い世代であればあるほど、 やりがいや価値感が薄い仕事を選んでしまうという意識を変え ることだと思う。

逆に言えば、それを意識的に、もしくは無意識的に作り出せば、これまで知らなかった異分野の知識をより多く吸収でき るようになるはずです。そして、それをうまく活かすことができれば、自分がやっている仕事にさまざまな意義を見出せるようになるはずです。

そのようなキャリアの幅や可能性を示してあげることができれば、 内発的動機によって自分の能力を高めたいという気持ちが生まれるでしょう。そして、そのために必要な能力を身につけ、それが将来、自己効力感を高めると考えてくれるようになるはずです。

最近、企業の課題として、従業員に内発的な動機付けをして、従業員の力を高めていくことが挙げられています。コンサルタントもそのような働きかけをするケースが目立ちます。もし、転職を考えていて、その動機が「この仕事やめたい」とか「もっと給料がいい仕事がしたい」「この仕事は自分には向いていない」という後ろ向きな動機であれば、自分にとって本当に必要な『転職』なのか考えたほうがよいかもしれません。むしろ、いまの仕事と真剣に向き合って、「もっと自分の力を試したい」という気持ちが出てきたら、転職すべき時期だと決断すべきときだと思います。

理系技術者の転職で自己効力感が低いことが気になる場合は転職エージェントに相談するのがおすすめな理由

理系技術者の転職で自己効力感が低いことが気になる場合は、転職エージェントに相談するのがおすすめです。転職に興味はあるけど、不安だったり、転職理由が後ろ向きでモヤモヤしていたり、どうせ自分には無理だろうなぁと半分諦めたような考えが、ズバッ!と変わって、転職活動や自分の仕事に対してとても興味を持てるようになるはずです。

  • 転職活動で、自身の実力を再認識する良い機会になる
  • 転職活動で、自分の経験がどんな会社、業界で活かせるのかを知ることができる
  • 転職活動で、上司の理解を得やすい (退職理由に妥当性を持たせる)
  • 転職活動で、自分が身につけた技術を更に高みに置くことができる
  • 転職活動で、今の会社の良さが見えてくる(転職活動をしていると、「今の会社にはこのまま残るべきか、転職すべきか…」といった悩みが尽きないと思います。 転職は、「いまの会社を辞めて新しい職場に」という考え方もありますが、自分に合う仕事ができる場所がハッキリ見えてきます。

自分の可能性や会社を見極めるためにも、現役の理系技術者の皆さんは「転職エージェント」に相談されることをおすすめします。無料でプロのアドバイスを受けながら転職活動を進めることができるので、利用しない手はないですよ。

冒頭に「おすすめ情報」として紹介しているので、是非、参考にしてみて下さいね!

タイトルとURLをコピーしました