理系技術者の転職では職務経歴書は使いまわしたほうが良いと言われる理由

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者の転職では職務経歴書は使いまわしたほうが良いと言われる理由

理系技術者の転職では職務経歴書は使いまわしたほうが良いと言われる理由

理系技術者の転職では職務経歴書は使いまわしたほうが良いと言われます。理由は、職務経歴書と職務経歴書用の資料、または職務経歴書と履歴書が企業毎に別々にあるのはかなりの違和感があります。また、研究職などでも、採用担当者は書類選考時や面接時にいろいろな「強み」「特長」を見つけようとします。

それを職務経歴書にわかりやすく、具体例や数字、数値データなども交えてしっかりとまとめておくと有利に展開できます。なぜなら採用する企業側としては「ここをアピールしたい」という部分が見えてきますし、採用担当者にとって、この部分をより深く掘り下げて尋ねてみたいと考えたくなるからです。

もちろん、企業の採用方針によって求められる人材と面談する場が別であったり、スキルや経験で判断し、おおよそ面談する場が異なるというようなこともありますが、それはあくまでも企業の方針によって変わってくることなので、その都度面談する場から自分に合った部分をアピールし、転職活動するべきではないかを判断していくべきです。

理系技術者の転職で職務経歴書を転職エージェントと相談しながら仕上げた方が良い理由

理系技術者の転職で職務経歴書を転職エージェントと相談しながら仕上げた方が良い理由は、転職エージェントは転職の斡旋をしてくれる会社なので、転職先候補にどんな企業があるのかという事を教えてくれますが、それに対して応募する人はまだ転職活動をしていない状態なので、どこの企業は年収が低すぎて手が届かないかどうか、どういった企業が多くてどんな仕事があって、それに対して応募者はどんなスキルや経験が活かせるかを教えてくれることはありません。なので、転職エージェントと相談しながら書類を作成すれば、一般的に転職者の職務経歴書では見落としがちなスキルや経験も漏れなく記載することができますし、転職することでどの様な結果を目指すのか、転職先に求めるものは何なのかという所も含めて的確に伝えることができます。

特に技術職の場合はどこの企業でも同じような職務内容になる可能性が高く、どの様な志望動機で書くと職務経歴書に書いてある内容のレベルが上がり過ぎてしまい職歴の書き方によっては評価が下がってしまうので、その場合は一度添削をしてもらうと有利になります。

タイトルとURLをコピーしました