理系技術者の転職では面接官の目線を意識すべき本当の理由

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者の転職では面接官の目線を意識すべき本当の理由

理系技術者の転職では面接官の目線を意識すべき本当の理由

理系技術者の転職では面接官の目線を意識すべき本当の理由は、 「自分が面接する側だとしたら?もし、逆の立場だったら考えさせられることがあるのでは?」 と考えることができるからです。 ぜひ、この状況を頭の中で描いて面接官の目線で就職希望者(自分)を眺めてみてください。

そして、自分が面接官の立場になって、会社を選ぶとき、どんな視点に立っているのかを考えるようにしましょう。 イメージしてみて、あなたの頭の中が整理されていないと感じたなら、転職活動をしても迷走しがちです。転職に関する情報をたくさん集めて、とりあえず、いろいろ情報を判断基準にしているのかもしれません。 自分の心が揺さぶられないような転職はあまり意味がありません。

関連:「ストーリー」のない転職は失敗する

よく考えてから動くことが大切です。 まさに面接官の「どうしてこの会社を選んだのですか?」の質問にしっかり応えられるかどうかがポイントです。

理系技術者の転職では面接官への対応の仕方を転職エージェントとしっかり打ち合わせしておくことが良い理由

理系技術者の転職では面接官への対応の仕方を転職エージェントとしっかり打ち合わせしておくことが良い理由は、自分のアピールすべきことが、相手にはどのように伝わっているのかを教えてもらえるということです。また、技術職では求人が少なくて面談に行っても面接まで行けないという人が多いので、比較的すぐに面接できることも内定を早くもらえる理由になります。この他、転職エージェントとしっかり打ち合わせしておくメリットは、専門性とマッチしているかどうかの確認が出来るという点です。

そのため、キャリアアドバイザーの経歴を見た際に専門外の技術職向けの転職エージェントに申し込んでいるのであれば、キャリアアドバイザーからは専門性を説明することになります。例えば、新しい領域をやりたいが、人手不足で専任のキャリアアドバイザーがいないことが理由であれば、キャリアアドバイザーから技術系の転職エージェントを勧められることもあります。

関連:あなたが「転職活動」で語るべきこととは?

転職エージェントと打ち合わせをする場合には、転職希望者もどの分野についてスキルアップをしていきたいか自分の希望を伝えることが大事になります。希望する業界の専門性を付けて転職エージェントと打ち合わせをしておくことが重要です。

タイトルとURLをコピーしました