理系技術者の転職では面接での第1印象を大切にすべき理由

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者の転職では面接での第1印象を大切にすべき理由

理系技術者の転職では面接での第1印象を大切にすべき理由

理系技術者の転職では面接での第1印象を大切にすべき理由は、面接官が特に注目しているのが「論理的に思考してわかりやすく説明する能力」が不足していないかどうかだからです。研究や開発というテーマは、科学技術の発展から、産業・社会に大きな貢献をするという点で非常に意義のあるものです。この場で自分がどれだけ優れた研究・開発をしたのかを『論理的』にしっかり語り、コミュニケーション力をアピールしてください。

理系の転職で重要なのは面接の回数と頻度、内容です。転職の回数や面接回数については、企業によって当然異なり、退職理由を重視する企業が多いです。この場合「やりたい仕事がなくなった」など漠然とした理由では評価されない。企業や自分の実力と真摯に向き合う姿勢を持って転職に臨むことが求められます。この点は、職務経歴書の内容についても同様です。

関連:転職の「武器」は自分で作る

面接は第一印象がとても大事です。話す内容が良くても、態度が良くない・声が小さくて聞き取れない、など印象が悪ければ「即不採用」でしょう。そうでなければ、職務経歴書の内容だけで十分判断できるからです。一緒に働く仲間として、どんな人物か、性格や態度なども重視したいから、面接があるわけです。従って、第一印象を大切にしましょう。そして、自分をアピールしやすい雰囲気にもっていき、論理的な思考でわかりやすい説明を行うことで、面接官を引き込めるような面接を心がけましょう。

理系技術者の転職では面接での印象をよくするために転職エージェントからアドバイスを積極的にもらうほうが良い理由

理系技術者の転職では面接での印象をよくするために転職エージェントからアドバイスを積極的にもらうほうが良い理由は、「志望業界・企業と転職者の志向がマッチしているかどうか」を面接を題材にして評価してもらうこと、技術者の転職希望者がどんな技術者になりたいのかといった理系技術者の適正や志向性を引き出してもらうこと等があります、求職者にとって適した求人を紹介できる「転職エージェント」ならではのアドバイスがもらえるはずです。

中でも、豊富なIT・Web業界案件や、専門性が高いIT技術者求人を開拓・保有している転職エージェントほど、企業・エンジニア・求職者の双方からの評判が高く、評価が高い傾向にあります。先に「おすすめ」として紹介している大手転職エージェントは、専門性を活かした総合転職エージェントであるため、総合的かつ専門的なアドバイスを受けやすいといえます。

関連:チャンスは川の流れのように過ぎ去っていくのです

それゆえ、理系技術者向けの転職エージェントに登録する際には、専門に特化した転職エージェントを複数利用し、自分に合ったエージェントを探すことがおすすめです。エージェントの利用には費用は発生しないため、複数エージェントを利用して理系技術者向けの転職活動にあたると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました