理系技術者の転職では質問コーナーの準備をしておくべき理由

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者の転職では質問コーナーの準備をしておくべき理由

理系技術者の転職では質問コーナーの準備をしておくべき理由

理系技術者の転職では質問コーナーの準備をしておくべき理由は、質問した内容によって、転職が成功するか失敗するかが変わることもあるため、しっかりと考えて準備することが大切です。

職歴を長所に持ってこようと考えていると、冒頭からいいイメージで始まりやすいですが、面接官が職歴から転職後のビジョンをイメージできるようにしないと、求職者が将来のビジョンを描けず、自分に合わない企業だと断られる可能性が高くなります。また、文系技術者は理系の技術的な転職に不安を持っている場合が多く、理系の技術職よりも魅力をアピールしにくい傾向があります。

関連:避けるべきキャリアアドバイザーの特徴

従って、面接官の質問にもプラスになるような答え方ができるように、質問の意図を理解して面接対策をしておくことが大切です。面接では面接官がどのような観点で転職後のビジョンを聞きたいのか、どのように質問をすれば求職者が自分を面接の中で表現しやすいのかを知ることが重要です。

転職エージェントに相談するなどして、質問の準備をしておくと豊富な質問に対して細かく回答が用意されているので、特に文系技術者は質問コーナーのサポートを利用するのがおすすめです。

理系技術者の転職では質問コーナーの準備をしておくべきという考え方のポイント

理系技術者の転職では質問コーナーの準備をしておくべきという考え方のポイントは、面接官にあなた自身の理系技術者としての専門知識や技術を評価されやすい状態にしておくことです。技術職としての専門知識や技術を伝えるためには、わかりやすい言葉で説明することが必要になります。

面接では、答えの内容は必ずしも重要な要素ではありません。考え方の考え方の整理が伝わればいいのです。採用担当者は技術職の方に高望みをする必要はありませんから、考えを整理して、まとめた考えを伝えるようにしましょう。質問しやすい環境にもすることは、あなたにとって大きなメリットになります。コミュニケーション能力が低いと思われては、その後の面接での挽回は難しくなってしまいます。

質問コーナーは、今の自分に必要なことではないと感じる部分もあります。でも、仕事で使うことのある質問が準備できる機会があるのであれば、積極的に質問して理解を深めるようにしましょう。質問としていくつか準備しておくと、転職先で是非働きたいと思っているという積極性もアピールできます。

関連:避けるべきキャリアアドバイザーの特徴とは?

また、転職希望者に必要なのは、言葉だけでなく、相手や会社に対する理解が大切なのです。言葉だけの理解だけではなく、先入観や先入観を持つ人が面接官となり、仕事に対する考えを理解していかなければ転職成功に繋がっていきません。

理系技術者の転職で面接をうまくこなせるように転職エージェントからアドバイスを積極的にもらう方が良い理由

理系技術者の転職で面接をうまくこなせるように転職エージェントからアドバイスを積極的にもらう方が良い理由は、企業では技術者の育成に大きな力を入れているので、将来のキャリアプランが明確であり、面接の切り出し方も非常に上手な「将来有望である志望者」を獲得するために、面接の扱いがよく研究されているからです。

企業の技術者は年齢の若いうちから一定の仕事を任されるケースが多く、経営者や周囲のメンバーも育成に余念がありません。このような環境下での実績は非常に評価されやすく、就職・転職活動で困ることはまずありません。また、仕事を任されるようになると年収も上がりやすく、転職後の生活が安定しやすいというメリットがあります。当然、そのような企業には志望者の応募も殺到しますので、抜きん出た印象を与えるためには、企業の研究とエージェントからのアドバイスを欠かすことはできません。

関連:避けるべきキャリアアドバイザーの特徴5つ

技術者には他の職種に比べ転職回数が多い傾向がありますが、それでもこれまで培ってきたスキルを活かせる企業や、福利厚生が整った企業への転職が比較的容易であり、不利になることもあまりありません。技術を活かせるだけではなく、キャリアプランが明確で人柄をしっかりと評価してくれる企業には転職しやすく、キャリアアップしやすいというメリットもあります。

できれば、転職エージェントをうまく利用して、このような企業への転職にどんどん挑戦していきたいものです。

タイトルとURLをコピーしました