理系技術者の転職で転職したい職種は決まっているが〇〇がまだ決まっていない場合に転職エージェントを利用できる?

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者の転職で転職したい職種は決まっているが〇〇がまだ決まっていない場合に転職エージェントを利用できる?

理系技術者の転職で転職したい職種は決まっているが企業がまだ決まっていない場合に転職エージェントを利用した方がよい理由

理系技術者の転職で転職したい職種は決まっているが企業がまだ決まっていない場合に転職エージェントを利用した方がよい理由は、企業と転職者の相性を見計らって紹介をしてくれるからです。特に、非公開求人と呼ばれる優良な企業への入社条件がある求人の場合は、この相性が見事に合致しないと転職が失敗に終わるケースもあります。また、初めて転職する際に転職先の雰囲気などを知るために転職エージェントを利用するという方もいます。

転職エージェントを使うと転職に必要な求人情報の提供は勿論、企業との面接の調整などもしてくれます。担当するアドバイザーも職務経歴書や面接対策などを分かりやすくまとめてサポートしてくれますので、この時にあらかじめ準備をすることが出来ます。

また、担当するアドバイザーは転職者が今後転職後にどのようなキャリアが積めるのかをしっかり把握していますので、将来のキャリアプランなども見据えた上で紹介してくれますので安心です。最終的に転職が完了するかどうかは転職エージェントのアドバイスにも左右されます。

理系技術者の転職で転職したい職種は決まっているが企業がまだ決まっていない場合に転職エージェントを利用した方がよいという考え方のポイント

理系技術者の転職で転職したい職種は決まっているが企業がまだ決まっていない場合に転職エージェントを利用した方がよいという考え方のポイントは、業界を絞っている方、またはそもそもベンチャー企業への転職が念頭にある方は、その点に尽きるかと思います。私もメーカー、SIer、ベンチャーとそれぞれで転職を経験していて、特にベンチャー企業への転職はチャレンジングでした。ベンチャー企業は採用が比較的中途優先で、ほとんどの方が一から開発に入り込むような経験をしているので、エンジニア経験が深いことが何より武器になります。

ベンチャー企業であっても日本の大企業に所属している技術者を欲しがるところも多いので、技術力がある方を求める会社が非常に多いと思います。また、一般的には海外企業への転職も敷居が低く、ベンチャー企業は大企業と違って人事評価制度も確立していないため、業績によってはヘッドハンティング(エンジニア専門のヘッドハンティング)を受け入れたりする企業も多いようです。

そのような企業へ転職を希望する際に転職エージェントを利用するというのは賢い転職の仕方ではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました