理系技術者の転職で応募している仕事に求職者が多くてなかなか内定をもらえない場合の対応方法

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者の転職で応募している仕事に求職者が多くてなかなか内定をもらえない場合の対応方法

理系技術者の転職で応募している仕事に求職者が多くてなかなか内定をもらえない場合は転職エージェントから非公開情報を教えてもらうのが良い理由

理系技術者の転職で応募している仕事に求職者が多くてなかなか内定をもらえない場合は転職エージェントから非公開情報を教えてもらうのが良い理由は、非公開求人を紹介してくれるところです。非公開求人の情報を教えてもらえることがメリットで、応募してみないと、どれくらいの求人があり、どんな仕事か分かりません。募集がある程度まとまってから、応募するので、応募数が少なければ紹介してもらって受けることができるので、確実に求人を確保する可能性が高くなります。

求職者は転職すれば年収がアップする可能性が高いので、年収がアップする環境で働きたいので、公開求人と非公開求人はどちらが多く掲載されているか見極めることが必要となります。公開されている中で、自分を希望する企業が募集をしているかどうかは、担当者から教えてもらうことができます。

非公開求人は、応募者が少ないので、応募前に非公開か一般公開か確認することができます。非公開求人というのは、限られた求人情報になるので、応募が殺到して欠員が出てしまって募集終了とならないようにして非公開求人にするのです。

非公開求人は、転職エージェントの担当者から紹介してもらいやすくなります。

理系技術者の転職で応募している仕事に求職者が多くてなかなか内定をもらえない場合は転職エージェントから非公開情報を教えてもらうのが良いという考え方のポイント

理系技術者の転職で応募している仕事に求職者が多くてなかなか内定をもらえない場合は転職エージェントから非公開情報を教えてもらうのが良いという考え方のポイントは、非公開情報として転職会社に内定が殺到しているというのが理由の1つとなっているのですが、それは転職会社にも事情があります。非公開情報とは求職者の応募を受けるための申し込みになるので、転職会社が応募してくれることを期待して登録者は登録をするわけですが、求職者が大量に集まってくるとなると、その中には面接で人気が高く競争が激しいというケースもありますし、人気の高い転職サービスに登録をしている転職希望者は既に内定をもらっているというケースもあります。その場合、登録者の情報が全て非公開になると、欲しいと思う人に全てアプローチを行うことができるメリットがあることから、紹介できる求人情報の応募者が大量になった場合は大量の情報をサイトに上げて、仕事を探している人には有利になるように転職会社自体が利用をしていると考えられるという見方ができます。

そこで、そういったサイトに対して求職者が転職できないのであれば、個人にも良い形で採用情報の提案をしてもらうことができる可能性があるということになります。

理系技術者の転職で応募している仕事に求職者が多くてなかなか内定をもらえない場合は転職エージェントから非公開情報を教えてもらうのが良いという考え方のメリット

理系技術者の転職で応募している仕事に求職者が多くてなかなか内定をもらえない場合は転職エージェントから非公開情報を教えてもらうのが良いという考え方のメリットは、転職エージェントが年収の交渉をしてくれるということです。しかし、転職エージェントは求職者の方が年収を上げたいと考えて連絡をしてくれていることでそのようなサービスを提供しているという側面があるので、場合によっては年収を無理に上げてくる場合があります。転職エージェント側からすれば、自分の会社の情報を求職者に教えるのだから、年収の交渉が出来るかどうかはその求職者の適性によって決まります。

このため、あまり交渉をするのは良くないと判断された場合は、求職者の年収をアップするために他の求人情報を提供してもらえる場合があります。人によっては、今までの求人を転職エージェントに非公開情報を教えてもらって転職活動をしていたのですが、年収交渉をしてあげなかったことで他の転職サイトに載っている求人のほうが年収が高いという場合があり、転職エージェントから非公開情報を教えてもらっていないときには年収がもう少し低くて今の求人で妥協して勤務した方が良いと思いました。

しかし、転職エージェントに登録をしたら、そのような可能性はほとんど無くなったのです。

タイトルとURLをコピーしました