理系技術者の転職では必要なのは思考法である

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者の転職では必要なのは思考法である

理系技術者の転職では必要なのは思考法である理由

理系技術者の転職では必要なのは思考法である理由は、以下に述べるように、知識(技術)を伝達するコミュニケーション能力とアウトプット能力を育成するためには、思考法が重要であるからです。ぜひ、参考にしてください。 理系の技術者が転職するときには、自分自身の興味のある技術と企業が抱えている興味分野を探り、それに対する自分の考えを示す論理的な思考力が求められる。 アウトプット能力とは、自分が考えたことや考えた結果を相手に伝えることで、伝達された相手は、その話や考えた根拠が理解できるように説明する必要がある。

アウトプットするためには論理的に表現する力が不可欠であり、そのためには論理的に物事を考える思考法が重要になる。 経験の浅い技術者は、実際の課題を創造的・独創的に解決できる思考力やスキルを身につけておく必要があるだろう。

なお、技術者は仕事を通じて、自分が何を学び、どう成長したか、キャリアを積み上げていく過程で、その論理的思考力や思考法をどう変化させてきたかなどを振り返ってみる必要がある。

理系技術者の転職では必要なのは思考法であるという考え方のポイント

理系技術者の転職では必要なのは思考法であるという考え方のポイントは、技術によって企業の目的も考え方、働き方も変わっていくので、技術者の職業歴が長くなるほど、いろいろな会社の考え方に触れていくので自然と思考法が身についてくるという理論です。自分は理系エンジニアとしていつまでも思考法を鍛えなければいけないと前々から思っていたので、この理論は非常に興味深く聞くことができました。理系技術者の面接に落ち続ける人が、陥りがちなのが、「思考法を磨く前に現場に配属されてしまう」というものです。

確かに、大手企業の転職希望者は大半が技術者として組織に長く在籍してきた人たちなので、そういう問題が出てくるのも仕方がないのです。逆にいえば、転職者のほうが「思考法を磨いていない」ということに起因しているともいえます。

大手の場合は、業務の内容と給与が見合っていないことを悩んでいる人が多いのですが、その根本的な原因は「現場が理不尽で理不尽で我慢する」というような状態になっていることが多いのではないでしょうか?それなら、せっかく技術系の職種を希望しているのに、技術が身についてこなくてどうしようもありません。

理系技術者の転職では必要なのは思考法であるという考え方のメリット

理系技術者の転職では必要なのは思考法であるという考え方のメリットは、技術職は独学で伸ばすことが出来ると考えている人が多いためです。特に理系技術者は基本的に数学と物理が得意な人が多いので、これらだけで十分な能力があると考えている人が多いようです。しかしそれだけではなく、技術職には必要なものがあります。

それは思考力です。特に理系技術者は論理的思考力に関しては、会社によってかなり差が出てきます。その傾向は面接で重視されるポイントになり、即戦力に近い技術者の場合は特にこういった点を重視されることになります。そうなると自分の技術力だけでなく、思考力も磨けるというのは大きなメリットだといえます。

実際に技術職であれば面接で思考力は重視される事がありますが、それが必須ではありません。そこで面接で必要以上に自信をなくすのではなく、このように思考力が必要となる場面があるということを理解しておきましょう。

それが技術者としての幅を広げてくれます。また思考力を養うことにより、想像力が高まります。そのため技術者としての成長にも繋がるので、ぜひ思考法を磨いて技術者として成長していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました