理系技術者の転職では自分のマーケットバリューを常に計測すべき

スポンサーリンク

理系技術者の転職では自分のマーケットバリューを常に計測すべき

理系技術者の転職では自分のマーケットバリューを常に計測すべき理由

理系技術者の転職では自分のマーケットバリューを常に計測すべき理由は、転職市場で有利になるだけの年収を獲得していけばいいからです。しかし、高すぎる年収を提示しても簡単に飲まれることはありません。むしろ妥協している、もしくは給与の交渉ができないと判断されれば、転職活動は上手くいかなくなります。

関連 自分の市場価値をどう測るか?

したがって、自ずと転職市場における自分の価値を把握することが重要になってきます。まずはエンジニア業界の専門誌やネットで情報収集をして、「技術者として評価されつつ、年収・年収アップはどうすれば達成できるのだろうか」という情報を収集することから始めてみましょう。その際、自分のスキルを見直して足りないと感じるなら、これから必要とされる需要の大きい市場で活躍できるスキルや資格取得を目指す必要があります。絶対的に外せないと言われているのはAI(人工知能・機械学習)の理解です。非プログラマーであってもAIの知識は必ず必要になります。初心者が基礎から学べるサービスが整ってきているので、是非活用しましょう。

無料体験 機械学習の基礎が学べる「Pythonコース」

資格を取る、転職前より給料が上がる見込みがある場合は転職して年収を上げる、逆に年収が現状維持もしくは下げる見込みがある場合は年収を上げることを目標に転職するという方法で自身の市場価値を確かめてみてください。 年収600万円以上のエンジニアの転職率は20%に満たないと言われていて、時代にあったスキルを身につけていかないとハードルが高いことが分かるかと思います。

理系技術者の転職では自分のマーケットバリューを常に計測すべきという考え方のポイント

理系技術者の転職では自分のマーケットバリューを常に計測すべきという考え方のポイントは、市場価値を正当に評価されないまま年齢を重ねてしまうということです。実際に40代で外資系トップを目指そうとする技術者がいますが、そういった方のほとんどは「30代のとき、30代の市場価値が分かっているなら、今転職していれば良かった」ということを嘆いています。転職市場では自分の価値が正しくはかられるとは限りません。

市場価値の計測を行わないまま転職を重ねると、自分に会った企業ではなく、規模の大きな企業への転職や低い給料での雇用が待っています。若い技術者に比べて圧倒的に不利なまま、キャリアの階段を上ることになってしまいます。転職する際は、すぐに転職すべきなのか、今転職すると本当に後悔しないのか、できるだけ後悔のないように真剣に判断すべきです。

一度落ち着いてマーケットバリューを計測して考えましょう。エンジニアの専門性・技術力向上を目指し、外資系企業への転職を検討していきましょう。

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

タイトルとURLをコピーしました