理系技術者の転職では仕事がなくなるサイクルを意識して食える仕事を探し続けるべき

スポンサーリンク

理系技術者の転職では仕事がなくなるサイクルを意識して食える仕事を探し続けるべき

理系技術者の転職では仕事がなくなるサイクルを意識して食える仕事を探し続けるべき理由

理系技術者の転職では仕事がなくなるサイクルを意識して食える仕事を探し続けるべき理由は、今後の人生の指針が明確な点です。自分自身の将来(例:技術者としての目標と、会社での立場)を決めて、逆算し、今何をしたら良いか。何をすべきかが明確になれば、前職という状況は、人生のスパイスとなるかもしれません。

また、それが現在の職場の「合わないこと」を肯定する手段にもなります。最後に、新天地を得るために転職先に必須なのは、専門知識や資格取得です。

関連 「年収は下がるけど、魅力的な会社」への転職はあり?の答え

これらを独学で学ぶ方法もありますが、成功体験を積み、人間的に成長するチャンスを逃してしまうことになりますので、独学では難しいという方は、スクールやセミナーを利用することをオススメします。特に、これからAI(人工知能や機械学習)の分野は、かなりの需要が期待される分野で、基礎から学べる環境も整いつつあります。スキルアップや転職、起業などを考えている人にとってはオススメのサービスです。

無料体験実施中 機械学習の基礎が学べる「Pythonコース」

理系技術者の転職では仕事がなくなるサイクルを意識して食える仕事を探し続けるべきという考え方のメリット

理系技術者の転職では仕事がなくなるサイクルを意識して食える仕事を探し続けるべきという考え方のメリットは、理系技術者はこれから成長していく分野に挑戦しやすいということ。発展途上の市場である理系技術者は、今いるところの市場が急速に冷え込んでも生き残るチャンスがある。理系技術者として生き残っていくことだけを考えれば、好景気は仕事を増やすので理系技術者はウハウハかもしれないが、景気循環に左右されず生き残れる分野での仕事を維持するために理系技術者の転職はメリットがある。

定年までその仕事を続けるのか、定年後、安定した業界で働いて再雇用を希望するのかは人次第だが、安定性は理系技術者が仕事で生きていく上で必須の条件となる。理系技術者に多い独立志向は、定年後にその仕事をするための職業選択として選択肢の1つになりうる。

特に現在の収入を維持したい方、今すぐ安定収入を望む方は理系技術者の転職はメリットがある。最後に、理系技術者は、職種によっては高い専門性を求められることが多い。

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

タイトルとURLをコピーしました