理系技術者の転職では自分の強みがなくなる前に伸びる市場に飛び込むべき

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者の転職では自分の強みがなくなる前に伸びる市場に飛び込むべき

理系技術者の転職では自分の強みがなくなる前に伸びる市場に飛び込むべき理由

理系技術者の転職では自分の強みがなくなる前に伸びる市場に飛び込むべき理由は、転職する目的(=将来の設計)として大事なポイントだからですね。何をしたら需要があるとか将来の目標があるとかそういう話をしたいわけではないです。需要がある分野なら需要が下がることはありません。

逆に言うと需要がある分野にはたくさんの強みが求められ、自分もそんな武器を持てるようになります。つまり転職の際にも強みを磨けば転職後にその分野で活躍できる可能性が高まるということです。逆に言えば、ここでどんな武器を持てるようになるのかをイメージできなければ転職後の成功への道が遠のくことになるので、ぜひ今の自分に何が足りないのかを理解して磨いていきましょう!ということで参考過去記事:「あなたが欲しい・輝ける転職の「武器」の育て方」をチェックしてみてください。

基本的には下記の記事に書いていることと変わりません。自分でこの分野を強みだと感じることができるなら、それを明確にしておきましょう。転職の際に弱みだと思われている分野の理由と、その理由に対する対処法などを考えながら考えてみると良いです。

理系技術者の転職では自分の強みがなくなる前に伸びる市場に飛び込むべきという考え方のポイント

理系技術者の転職では自分の強みがなくなる前に伸びる市場に飛び込むべきという考え方のポイントは、自分の得意な技術に固執して他分野を勉強せずにいる方が、将来自分の業界そのものが成り立たなくなるおそれがあるという点です。新規市場への挑戦は時に厳しいもので、特にIT分野では技術の進歩が早く、業界内でも競争が激しさを増している状況です。そのため、自分が研究した技術がそのまま使えるとは限らないというのが現実です。

そんな中、全く異なる業界でも生き残るには、技術の2次利用を含めた製品開発に対する柔軟性やコスト意識などが必要です。それはつまり、技術者の専門性では差別化ができないということを意味しています。

これは、研究する分野が異なり、専門性も異なる理系技術者にとって、自分の専門から切り出したものづくりでないというのは、かなり厳しい面があり、理系技術者が技術系への就職が難しいという現実につながっているといえます。

理系技術者の転職では自分の強みがなくなる前に伸びる市場に飛び込むべきという考え方のメリット

理系技術者の転職では自分の強みがなくなる前に伸びる市場に飛び込むべきという考え方のメリットは、給与と休日が多いことです。大学の研究室では、実験や論文執筆、学会発表、開発品評価が主なお仕事です。修士や博士号を持って実験や研究を多く行っていると給与は高くなる傾向にありますが、その分、業務の専門性が高くなり、事務作業が増えて、残業も増えます。

土日がお休みの会社ですと、土日のほとんどを休日に充てて自分の趣味の時間を多く得られますが、会社員の場合にはそうも行きません。休日出勤もありますが、基本的には有休を使ってお休みを取らなければなりませんが、研究室に新しい機械が入ったりすると休日出勤が発生するケースがあります。

営業職の場合はそうも行きませんので、技術職を目指したい学生は自分が好きな業界で自分がやりたいことを追及できる仕事を選択することが大事です。エンジニアでも、営業でのご経験をお持ちの方のほうが求人は豊富にあります。

自分の強みとなる営業経験を使って転職活動ができるのも魅力的です。

タイトルとURLをコピーしました