理系技術者の転職では伸びるマーケットからマーケットバリューが大きい会社を見つけることが大事

スポンサーリンク

理系技術者の転職では伸びるマーケットからマーケットバリューが大きい会社を見つけることが大事

理系技術者の転職では伸びるマーケットからマーケットバリューが大きい会社を見つけることが大事な理由

理系技術者の転職では伸びるマーケットからマーケットバリューが大きい会社を見つけることが大事な理由は、ビジネスにおいて技術の優位性が認められる時期は短いからです。というのも、技術で優位性があった技術や製品でもマーケットの競争によってシェアを奪われ、市場から退場を余儀なくされるからです。よって、現在世の中に存在している技術に精通するだけではなく、市場の力関係に合わせて技術を使いこなすための専門性を身に付けることによって、マーケットバリューが高いビジネスで稼げるようになり、長い目で見て将来年収を上げられます。

関連 心から納得のいく仕事が見つかる、転職論とは?

専門性を付けるための知識、技術を豊富に有していることをアピールする必要がありますが、専門知識に関しては資格などを取ることで可視化できますので、自分自身の専門性の高さを数値化するためにも資格の取得は有効です。また、専門の知識を身に付けたとしても、市場である程度の人気がなければ価値は無くなり、更に高い価値を求められるようになります。そこで、専門知識の必要性をアピールするのであれば、資格取得によって社会での評価が上がることも自分の専門性の高さを証明する一つの材料と捉えることができます。

特に、これからは人工知能・機械学習を扱えるかどうかで大きな差が生じると思います。もし、そのようなスキルがなければ早目に習得していくことをおすすめします。プログラミングのスキルがなくても心配ありません。人工知能・機械学習でよく用いられるPythonは、可読性が高く、プログラミング初心者にも理解しやすい人気のプログラミング言語です。最近は、Pythonや人工知能の学習環境も充実してきています。

公式 機械学習の基礎が学べる「Pythonコース」

理系技術者の転職では伸びるマーケットからマーケットバリューが大きい会社を見つけることが大事なという考え方のポイント

理系技術者の転職では伸びるマーケットからマーケットバリューが大きい会社を見つけることが大事なという考え方のポイントは、技術者の知識・経験・採用戦略に基づいてマーケットを考察すること、ということなのではないかと考えている。その意味では、マーケットに与えるインパクトの大きい企業の研究は必要だし、実際企業訪問してみると、様々な気づきがあった。さらに企業側に話を伺うと、ベンチャーであれ大企業であれ、素晴らしい技術を持つエンジニアが不足している状況であることがわかり、テクノロジーの進歩が会社の存続を脅かすほどになった今、企業として技術者を確保する必要性が高まるのは当然だとも思った。

しかしいまの日本、特に2015年以降は、AI・IoT、VR/AR、自動運転など、テクノロジーの進歩が目覚ましく、エンジニアの採用需要が急激に高まっている。

スポンサーリンク

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

タイトルとURLをコピーしました