awk if 文の書き方 一致・大小比較・正規表現を使って条件を簡潔に書く方法

awkのif文は、if, else if, elseを組み合わせて、条件毎に処理を分けることができます。

条件式には、一致判定・大小比較・パターンマッチなどを指定します。

awkの書式は自由度が高く、改行省略や2項演算子を使うと、条件分岐をより簡潔に書くことができます。

とにかく早く問題解決したい人はこちら>>直接、データ解析相談

awk if 文の書き方

if・else ifに続くカッコに条件式を書き、続けて「条件を満たしたときの処理」を書きます。

「条件を満たさないときの処理」が必要なら、else キーワードの後に書きます。

1ライナーで書く場合、if・elseは「;」で区切ります。

実行する処理が複数になる場合は、中括弧{}で囲みます。

awk スクリプトファイル

# sample.awk
{ 
  if ( expression )
    action
  else if ( expression ) {
    action1
    action2
  }
  else
    action
}
# スクリプトファイルを実行
$ awk -f sample.awk data.txt

awk ワンライナー

$ cat data | awk '{ if ( expression ) action1; else action }'

awk if 使い方

if – 単純な分岐

awkのifだけを使ったサンプルです。ファイル内に空白行があるかを調べています。

指定した条件を満たした場合のみ処理を実行します。

ifで指定した条件「if ($1 ~ ^$)」で、空白行を探します。

空白行が存在した場合に「blank line」と表示しています。

NRを使って、該当する行番号も一緒に表示しています。

# テストファイル
$ cat > test.txt << EOF
a
b

c
EOF
# awk スクリプト - awk_if.awk
{
  if ($1 ~ /^$/) print "blank line", NR
}

$ awk -f awk_if.awk test.txt
blank line 3
# awk ワンライナー
$ cat test.txt | awk '{if ($1 ~ /^$/) print "blank line", NR}'
blank line 3

else – 条件に合うとき・条件に合わないとき

awkのif、elseを使ったサンプルです。ファイル内に空白行があるかを調べています。

指定した条件を満たした場合、条件を満たさない場合の処理を実行します。

ifで指定した条件「if ($1 ~ ^$)」で、空白行を探します。

空白行でない場合の動作は「else」で指定しました。

空白行が存在した場合に「blank line」と表示しています。

そうでない場合は、行全体を print で表示しています。

# テストファイル
$ cat > test.txt << EOF
a
b

c
EOF
# awk if スクリプト - awk_if-else.awk
{
  if ($1 ~ /^$/)
    print "blank line"
  else
    print
}

$ awk -f awk_if-else.awk test.txt
a
b
blank line
c
# awk ワンライナー
$ cat test.txt | awk '{if ($1 ~ /^$/) print "blank line"; else print}'
結果省略

else if – 条件を加える

awkのif、else if、elseを使ったサンプルです。ファイル内に空白行があるかを調べています。

指定した複数の条件を満たした場合、条件を満たさない場合の処理を実行します。

ifで指定した条件「if ($1 ~ ^$)」で空白行、else ifで指定した条件「if ($1 ~ ^#)」でコメント行を探します。

どちらでもない場合の動作は「else」で指定しました。

空白行は「blank line」、コメント行は「comment line」と表示しています。

そうでない場合は、行全体を print で表示しています。

# テストファイル
$ cat > test.txt << EOF
a
#b

c
EOF
# awk if スクリプト - awk_else-if.awk
{
  if ($1 ~ /^$/)
    print "blank line"
  else if ($1 ~ /^#/)
    print "comment line"
  else
    print
}

$ awk -f awk_else-if.awk test.txt
a
comment line
blank line
c
# awk ワンライナー
$ cat test.txt | awk '{if ($1 ~ /^$/) print "blank"; if ($1 ~ /^#/) print "comment"; else print}'
結果省略

awk if の 条件判定

awkのif文、および、else ifの条件式には、一致・大小比較・パターンマッチなどを指定することができます。

一致を調べる

awkのif文で、一致をチェックします。

行番号を引数で渡して、指定した行番号の行だけ表示します。

ifで指定した比較の条件は「if (NR == line)」で、現在の行番号と指定した行番号を比較しています。

引数で2を指定したので、ファイルの2行目だけ表示されます。

# テストファイル
$ cat > test.txt << EOF
a
b
c
d
EOF
# awk ワンライナー
$ cat test.txt | awk -v line=2 '{if (NR == line) print}'
b

大小比較を調べる

awkのif文で、大小比較をチェックします。

行番号を引数で渡して、指定より大きな行番号の行だけ表示します。

ifで指定した比較の条件は「if (NR > line)」で、現在の行番号と指定した行番号を比較しています。

引数で2を指定したので、ファイルの3行目・4行目だけ表示されます。

# テストファイル
$ cat > test.txt << EOF
a
b
c
d
EOF
# awk ワンライナー
$ cat test.txt | awk -v line=2 '{if (NR > line) print}'
c
d

文字列のパターンを調べる

awkのif文で、正規表現を使ってパターンマッチをチェックします。

正規表現を使って、以下のような条件を指定することができます。

  • 先頭がa : if ($1 ~ ^a)
  • 末尾がd : if ($1 ~ d$)
  • 先頭がa または b : if ($1 ~ ^[ab])
  • 先頭がa または b の否定 : if ($1 ~ [^ab])
# テストファイル
$ cat > test.txt << EOF
a
b
c
d
EOF
# 先頭がa
$ cat test.txt | awk '{if ($1 ~ /^a/) print}'
a

# 末尾がd
$ cat test.txt | awk '{if ($1 ~ /d$/) print}'
d

# 先頭がaかb
$ cat test.txt | awk '{if ($1 ~ /^[ab]/) print}'
a
b

# 先頭がaまたはbでない
$ cat test.txt | awk '{if ($1 ~ /[^ab]/) print}'
c
d

awk if 短く簡潔に書く

awkのif文は、短くすっきりと書けます。

単純な分岐は、改行を省略して書いたり・2項演算子を使うことで、単純な分岐を見通しよく書けます。

if 改行を省略して簡潔に短く書く

単純なif文は改行を省略して、代わりにセミコロン(;)で処理を区切って書くと、簡潔に書けます。

ワンライナーで書くときと同じように書けます。

# テストファイル
$ cat > test.txt << EOF
a
b

c
EOF
# awk if スクリプト - awk_short.awk
{
  if ($1 ~ /^$/) print "blank line"; else print
}

$ awk -f awk_short.awk test.txt
a
b
blank line
c
# awk ワンライナー
$ cat test.txt | awk '{if ($1 ~ /^$/) print "blank line"; else print}'
結果省略

2項演算子を使って簡潔に短く書く

単純なif文は、2項演算子で書くと更に簡潔に書けます。

判断部分は「($1 ~ ^$) ? action1 : action2」です。

「?」の前の条件式を満たせば「action1」を実行し、条件式を満たさなければ「action2」を実行します。

条件を満たしたときは”blank”、満たさないときは$0(行全体)を表示します。

# テストファイル
$ cat > test.txt << EOF
a
b

c
EOF
# awk if スクリプト - awk_short2.awk
{
  print ($1 ~ /^$/) ? "blank" : $0
}

$ awk -f awk_short2.awk test.txt
a
b
blank
c
# awk ワンライナー
$ cat test.txt | awk '{print ($1 ~ /^$/) ? "blank" : $0}'
結果省略

awk if 文の書き方 – まとめ

  • awkのif条件文は、条件によって処理をわけたいときに使う。
  • 条件式は、0の判定・関係演算子・パターンマッチなどを使って書く。
  • 省略記法や条件演算子を使えば、awkのif文をより簡潔に書ける。

実験データの解析や論文用グラフ作成のヒントになりそうな、プログラミング・統計処理の参考になる書籍をまとめて紹介しています。是非、参考にしてみて下さいね。

論文・データ解析の支援

個別に直接相談できるのが良いと、たくさんの方にご利用頂いています。

とにかく早く問題解決したい人はこちら>>直接、データ解析相談
とにかく早く問題解決したい人はこちら>>直接、論文相談

関連記事

awk 行の表示 先頭行 最終行 指定行
awk 置換や部分文字列などの文字列処理 gsub sub match index split 等
awk 複数行の処理
awk split | サンプルでわかる列の分割とセパレータ指定方法
awk while・do 繰り返し処理
awk for | サンプルでわかる、基本的な繰返し・変則的な繰返し
awk 配列 使い方
awk よく使うシステム変数と使い方
awk パターンとアクション
awk 区切り文字とフィールド
awk コマンドラインでの実行とスクリプトファイルでの実行
awk 使い方 フィールド取り出し スクリプトの書き方
正規表現 メタキャラクタ 検索・置換 前編
正規表現 メタキャラクタ 検索・置換 後編



カテゴリー

今週よく読まれている記事

  1. 学会・会議で英語が絶望的にできなくて困るケース | オンライン開催で「英語力のなさ」を痛感した場合の対処法

    学会・会議で英語ができなくてに困るケース学会やイベント・会議などが、オンラインで開催される…
  2. r tidyverse 使い方 | 列 filter 絞り込み select関数 – dplyrパッケージ

    tidyverseで1つのデータフレームの列の絞り込みは、dplyrパッケージのselect関数を…
  3. プログラミングで疲れた脳をリフレッシュ 〜 鬼滅の刃「感動」と「やる気アップ」でストレス発散!

    ストレス発散は鬼滅で。「50%OFF」で読む!脳のパフォーマンスを上げるには、適度な休憩と…
  4. AWS ディスク容量不足 新しいボリュームを追加する

    バイオインフォマティクスでは大きなファイルを扱うことがあるので、ディスク不足に陥ることがあります。…
  5. 「知っている」と「知らない」とでは、もしものとき、大違いになる – コロナうつ対策

    コロナうつなどという言葉を聞くようになりましたが、派遣切り、解雇、リストラは、これから本格化します…

人気記事

  1. R言語

    R subset関数 データフレームやmatrixからの条件指定による行・列の抽出
    R の subset関数は、データフレームやマトリックスか…
  2. IGV, 解析ツール

    IGV 使い方 インストール〜便利な使い方まで | リファレンス・マッピングデータ・アノテーションを読み込んで表示しよう
    IGV(Integrative Genomics View…
  3. Excel, 統計

    z-score 計算方法 エクセル(Excel) 編
    統計処理で、大きく変化しているなどの判断基準にも使われる値…

おすすめ記事

  1. R言語, グラフ

    R 使い方 軸・ラベルの調整(向き・サイズ・色など) グラフの描き方
    Rによるplot(グラフ)の描画は、手軽で大変便利です。た…
  2. awk, シェルスクリプト

    bash 部分文字列・置換・長さ・連結・分割の文字列処理
    bashのよく使う文字列処理、部分文字列・置換・連結・長さ…
  3. シェルスクリプト

    シェルスクリプト | ファイル存在チェック・空ファイルチェック
    bashでスクリプトを作成するときに、よく使うのがファイル…