グラフ

R言語

R 使い方 | volcano plot 描き方(ボルケーノプロット)

volcano plotは、発現解析の結果を表現でよく使われるグラフです。 横軸に発現比(logFC)、縦軸にpvalue(-log10した値)をとります。 Rを使って、volcano plot (ボルケーノ プロット)を作成...
R言語

Rの使い方 ベン図 左右入れ替え

ベン図を入れ替える場合、左右の回転を指定します。 180度で左右反転します。 venn.diagram(x=list("A"=1:9, "B"=5:16), filename="venn_diag...
Excel

R と Excel 度数分布表 ・ ヒストグラム

データ分析の基本である、ヒストグラムと度数分布表について、Rとエクセルで比較してみましょう。 度数分布表 と ヒストグラム スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || [...
R言語

R 使い方 カラーパレット RColorBrewer 透明な色とグラフ

RColorBrewerは便利でよく使われるパッケージです。色々な色の組み合わせを簡単に使うことができます。しかし、複数のグラフを重ねたときに、透過度を簡単に設定できないのは使いにくく感じる場合があります。色の透過度を設定する方法を調べま...
R言語

R グラフ 凡例の調整 legendオプション

Rでグラフを描いたとき、凡例が気になる場合がありませんか?工夫できるポイントを紹介します。 とにかく早く問題解決したい人はこちら>>直接、データ解析相談 R グラフ 凡例の細かい調整(legendオプション) グラフでよ...
R言語

R 使い方 グラフの色 自作のカラーパレットとデフォルトのカラーパレット

グラフを描画する際、色の組み合わせを1つ1つ考えるのは面倒ですよね。Rには、あらかじめ色の組み合わせを用意したカラーパレットが準備されています。カラーパレットを使えば、洗練された色の組み合わせで綺麗なグラフを描くことができます。自分で色の...
R言語

R plotのPDFやPNGへの保存 – PDFなら複数の画像保存も可能

Rのplot (グラフ) は、PDFやPNGファイルとして保存することができます。 操作は、通常のグラフの描画と同じです。違うところは、前もって保存先のデバイスをオープンし、描画終了後に明示的にクローズするだけです。PDFなら1つの...
R言語

Rの使い方 エラーバーを描く方法

Rのグラフには、エラーバーや凡例、そして文字による説明があるとわかりやすくなります。グラフを仕上げるためのテクニックをまとめます。エラーバー 編。 とにかく早く問題解決したい人はこちら>>直接、データ解析相談 エラーバーを描く...
R言語

R グラフ 凡例の表示と位置 グラフの描き方

Rのグラフには、凡例やエラーバー・文字による説明があるとわかりやすくなります。グラフを仕上げるためのテクニックをまとめます。凡例・テキストや数式による説明 編。 関連記事 凡例・エラーバーなど図の仕上げなどに役立つこと 凡例を...
R言語

R 使い方 複数のグラフを並べる グラフの描き方

Rでグラフを並べてみましょう。似たようなデータや条件を変えたデータを比較する場合に、わかりやすくなります。注意点や工夫すべきポイントをまとめます。並べるという観点で別の記事を整理しました。 とにかく早く問題解決したい人はこちら>>直...
タイトルとURLをコピーしました