【やばい!】リモートワークで耳がかゆい|イヤホンしっぱなしによる「耳のトラブル」のありえない話

最近は、リモート・ワークではイヤホン使うことが多く、なんとなく常に耳の調子が悪くなりました(かゆい、痛い)。私だけでなく、若い人に「耳トラブル」が急増しているとのこと。

そこで180度考え方を変えて、ある方法に変更したところ、簡単に問題解決しました!その方法とは?

Bluetooth イヤホン 骨伝導 (Qualcomm aptX対応)

リモートワークで、耳がかゆい!耳が痛い! イヤホンのこんな「耳のトラブル」から解放される方法 とは?

普段、イヤホンを使っていて、こういう悩みありませんか?

  • 「イヤホンしっぱなしで、耳がかゆくなる」
  • 「長時間使っていると、耳の奥が痛くなることがある」
  • 「イヤホンを奥に押し込みがちで、いつも痛くなる」
  • 「イヤホンを使っていると、いつも耳垢が気になる」

最近、リモートワークなどでイヤホンをつけたままの人も多く、「耳のトラブル」を訴える人が急増しているそうです。

その原因、実は、イヤホンの「菌」に関係しているかもしれません。

四国大学・岡崎教授の調べにより、イヤホンに付着している菌の数について、驚きの事実が明らかになったのです。

”トイレの便座からは100平方センチメートルあたり最大1100個の細菌が検出されたのに対し、イヤホンからは最大2万4000個。便座の20倍以上”

耳トラブル急増 イヤホンに便座の20倍以上の”菌”

「耳のトラブル」に悩まされている人は、耳の形にあったイヤホンを選んで使ったり・日頃から使うたびに洗ったり、汚れを拭き取ったりして、衛生面に注意を払った方が良いようです。

もし、「耳の調子が悪いな」と感じるときがあったら、早目に耳鼻科で診てもらいましょう。リモートワークなどで、今後もますますイヤホンを使う機会が増えるので、放っておいたら大変なことになるかもしれません。

でも、安心して下さい。

「耳をふさがなくても、ちゃんと音を聴く」方法をお知らせします。

骨伝導イヤホン使ってみました!

まず、ひとが「音を聴く」のに必要なのは、鼓膜の奥の「蝸牛」への振動であって、それは「鼓膜の振動」でも「骨の振動」でも同じように伝えられるということをご存知でしょうか?

そして、鼓膜の振動でなく、骨の振動で音を伝える「骨伝導イヤホン」を使えば、耳の奥にイヤホンを押し込まなくても音を聴くことができます。

「骨伝導イヤホン」を選ぶことで、あなたは「耳のトラブル」から解放されると同時に、音楽の楽しみ方もかなり広がるはずです。

では、「どんな骨伝導イヤホンがオススメなの?」と思ったあなた。

私もはじめて買ってみたのですが、Bluetooth イヤホン 骨伝導 (Qualcomm aptX対応) がオススメです。操作が簡単で、価格も従来のイヤホンより安いくらい、コスパ最高です。音楽も楽しめて、スポーツなどにも最適です!

Bluetooth イヤホン 骨伝導 (Qualcomm aptX対応)

デザインや性能にこだわりたければ、「骨伝導イヤホン」専門ショップも紹介しておきますね!


→ 公式サイト ←

あなたのリモートワークでの「耳トラブル」について、早く悩みが解決されることを祈っています。

タイトルとURLをコピーしました