理系の転職と経営力

理系の転職 おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系の転職と経営力

理系の技術者が「経営のわかる人材」へと成長するには

理系の技術者が「経営のわかる人材へと成長する」考え方は、技術だけでなく、経営者の視点で活躍できる人材へと成長できる方法です。

技術者として自分のスキルを磨いていくことは大切ですが、その技術がいったいどんな場面で役立つのかを、自分なりに見極めておかなければ、仕事をしていく中で効率アップに繋がることもありません。さらに経営に関する正しい知識を身につけることで、技術者としてだけではなく、管理職としての能力向上にも役立てることができます。

上司や経営者の意向を聞いたり、技術的なことよりも、予算や納期を睨んだ方針決定の場での的確な判断に、経営戦略や経営の原理原則を理解しておくことはとても重要なことです。そのためには、技術を基礎から学ぶとともに、マネジメントの理論を学ぶことも大切となります。

会社では技術部に所属していながらも、実はその会社の「経営に関わる人」へと成長できる環境こそ、技術系エンジニアがキャリアチェンジや会社からの転籍を目指す理由となり得るのです。

タイトルとURLをコピーしました