理系技術者が転職までに身につける技術者としてのコアになる部分

理系の転職 おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が転職までに身につける技術者としてのコアになる部分

理系技術者に技術者のコアになる部分が身につかない理由

理系技術者に技術者のコアになる部分が身につかない理由は、学校教育が新しいテクノロジーを教えるプログラムを用意していないという点にあります。従来の教育の中で新しいテクノロジーという切り口で教科書もないし、教え方もない。だから、教わったことがすべてとなります。

そうして技術のコアになるべきところが抜け落ちたまま大人になり、そのツケを今はエンジニアや研究者に押しつけています。でも、そんなことをしてもしなくてもエンジニアは減っていきます。日本の工学技術は世界トップのポジションにはありますが、教育制度のスキームが世界より遅れている。そのギャップを放置してはいけない。

理系技術者は、海外のエンジニアと直接ディスカッションすることも当然あります。グローバル人材を生み出すにはコミュニケーションが絶対に必要で、英語にも臆せずチャレンジさせて、コミュニケーション能力を向上させましょう。

海外でプロジェクトを進めるには、このようなスキルを持っていなければなりませんからね。研究者もいままでのスタイルから積極的に動く必要があります。

タイトルとURLをコピーしました