理系の転職で見極めるタイミング

スポンサーリンク

理系の転職 おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・面接対策がなんと無制限に実施!
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

大学院生&理系学生に特化した就活サイト【アカリク】

アカリクは大学院生や理系学生など研究に忙しい学生の方でも簡単に短期間で内定を獲得できる就活サービス!研究も就活も妥協せず、効率よく両立することができます。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】。無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。

理系技術者の転職のよくあるタイミング

理系技術者の仕事が、会社の方針でなくなることも

理系技術者の仕事が「会社の方針でなくなることもある」と考えておくことは、未来志向のためには、とても大切なことだと思います。

そうでないと、生きがいがなくなります。どんな仕事も、お金儲けを目的としているわけではありません。技術が社会や経済の発展や人間の幸福のために貢献しているのであって、それが未来志向でないと、技術が発展しても、人間の幸福感は高まらないのです。

しかし、残念ながら、最近はそうでもないようです。

これが、ブラック企業などの要因につながっています。もちろん、技術の社会や経済への貢献はすばらしいものです。その根底にあるのは、人類の幸福の追求です。つまり、人類が技術を発展させてきたこと自体は、喜ばしいことだと思うのです。未来志向でないからそうなるのです。

技術者を搾取するブラック企業には未来はありません。

理系技術者の「会社の方針が転職理由の場合」の注意点

理系技術者の「会社の方針で仕事がなくなった場合」の転職の注意点は、その職場で、『良くも悪くも、とても長いつき合いをしてきた』という点です。

技術系転職の履歴書には、今までの業務内容をしっかり書いて、それをアピールして評価してもらうことで、転職もスムーズに進むはずです。その職場に必要な技術力は何か、その技術力を身につけるだけの知識は身についているのか、それを自分なりにきちんとアピールして転職を成功させましょう。

一方、技術者は転職先選びも重要です。いくら実力があっても「転職先のあてがない」ではいけません。自分の希望にあっていなければ、せっかく就職してもすぐに転職先を探して、また転職活動をすることになります。

タイトルとURLをコピーしました