理系技術者が使い捨てのエンジニアにならないためのスキルを身につける方法

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が使い捨てのエンジニアにならないためのスキルを身につける方法

理系技術者が使い捨てのエンジニアにならないためのスキルを身につける方法

理系技術者が使い捨てのエンジニアにならないためのスキルを身につける方法は、セミナーへの参加、OJT、社内研修、社外セミナー、社外勉強会への参加といった様々な選択肢があると言えるでしょう。しかし、学生からエンジニアのエンジニアとなり、現場で多くの経験を積むこともまた、非常に重要であり、エンジニアとしての礎を培うためには最適の手段であると言えるでしょう。特にセミナーに参加することが、エンジニアとして独り立ちするのに適した第一歩であると言えるでしょう。

セミナーへの参加方法も様々ではありますが、多くの技術者が注目しているセミナーとしては、セミナー会場に通うのと同時に、インターネットでの動画配信を行ったり、オフラインで開催するセミナー会場と会場を会場に、エンジニア同士の交流を目的とした懇親会を行うなどの形態もあります。セミナーに参加し、セミナー担当者から直接お話を聞ける機会を数多く設けることで、技術力を高めることができます。

理系技術者が使い捨てのエンジニアにならないためのスキルを身につけるときのポイント

理系技術者が使い捨てのエンジニアにならないためのスキルを身につけるときのポイントは、機械を「動かすスキル」と「管理・運用するスキル」の両方が必要ということです。両者のバランスが良いエンジニアは、人間的にも成長できています。まずはどちらか一方を磨いてしまい、人間的魅力へと発展させていきましょう。例えば、機械を動かす技術を磨くと「考える」時間が少なくなって、人間的魅力につなげるより効率的な仕事の仕方やスキルアップに関する新しい考え方を知る機会が少なくなってしまいます。

これを防ぐには、仕事を効率化することよりもしっかりと考えて物事の本質をとらえて、それに合わせた仕事の進め方をすることのほうが大事だと考えて、根気強く仕事を続けることです。そのために必要なスキルは「考える力」と「考える時間」を極力少なくするための「自動化」です。

例えば、工場でロボットアームを自動で操作させるとする。

理系技術者が使い捨てのエンジニアにならないためのスキルを身につける場合の注意点

理系技術者が使い捨てのエンジニアにならないためのスキルを身につける場合の注意点は、このくらいだが、今回はそれを応用し、世の中の人がなぜ、その技術を使うのか、そしてその技術を使うとどうなるのか、より大きな視点で考えていく。おそらく、この記事は一番役に立つだろう。それは、多くの人が最も興味があり、実感のわくところだからだ。しかし、そういったことには全く触れられていないのが、前回までの記事。それが今回の記事の根幹的な部分である。

技術者の知識不足が主な理由であるが、これだけ世の中が便利になる(発展する)中で、まったく無視していい事ではない。その問題を解決すべく、多くのユーザは、便利にものを買ったり、使ったり、時間を浪費したり、サービスを受けまくったり、不確かな情報を信じて時間や金を使い、ひどいときは命を落としてしまう。それなのに、その技術について知らないどころか、自分の身を守ることが優先で、他人の身についてはなおざりの考え方しかできていない。

その結果が、今回の記事である。

タイトルとURLをコピーしました