理系技術者がIT業界への転職する場合は需給バランスを考える

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者がIT業界への転職する場合は需給バランスを考える

理系技術者がIT業界への転職を考える場合に人材不足という需給バランスを考えて有利な転職にするメリット

理系技術者がIT業界への転職を考える場合に人材不足という需給バランスを考えて有利な転職にするメリットは、安定した職場を確保しやすいということです。 これは、終身雇用の崩壊に伴って、大手企業と言えども急なリストラや赤字決算による減額なども起こりやすくなっているのが、現在の日本の社会情勢です。 これが故に、長く安定的な職場から追い出されたくないという人は少なくありません。

例えば、中堅の企業で技術者としてある程度の実績があったとしても、リストラされた経験があれば、その失敗の経験から多くのエンジニアは中堅企業に不信感を持っているのが現実です。 特にIT業界の人材不足という傾向は顕著で、昔に比べてどの業界でも若い人材を求める傾向にある傾向は大きいといえます。

これは、今までの雇用安定している大手企業での経験を積んでいて、次に雇用安定している大手企業に転職して、できるだけ転職活動において自己評価を上げるという意味でも、転職には有利と考えることもできます。 こうした点から理系技術者はIT業界での転職という選択肢はあまり敬遠されることはありません。

理系技術者がIT業界への転職を考える場合に人材不足という需給バランスを考えて有利な転職にする場合のポイント

理系技術者がIT業界への転職を考える場合に人材不足という需給バランスを考えて有利な転職にする場合のポイントは、次の3点です。 まず、業務知識が必要であることです。そのため、特定の業務に従事する場合を除いて、少なくともサーバやOSなどのシステム、ネットワークの構築や管理、システムアプリケーションのプログラミングやインフラサポートなどを業務として行うのであれば、それに必要な基礎知識は必須となります。そのうえで、ネットワーク系やサーバ系の技術やコンサルティングなどになると知識があるだけはやっかいな世界となるので、最低限基本的な部分は勉強しておく必要があります。

次に、ネットワーク構成やサーバやOSなどの知識以外にも、ITシステムの基盤となるプログラム言語のスキルを身に着けておくことが必要です。これは転職後の技術レベルアップにもつながり、給与アップが期待できるといえます。

一方、基本的に一人で行えることも多い業務なので、協調性があるかどうかも採用面でアピールできるポイントになります。チームワークで大きな仕事にチャレンジしたいなら向き不向きはありますが、柔軟な対応力は必須です。

理系技術者がIT業界の人材不足という需給バランスを考えて転職にする場合、転職エージェントを利用することをすすめる理由

理系技術者がIT業界の人材不足という需給バランスを考えて転職にする場合、転職エージェントを利用することをすすめる理由は、エージェントが転職先の提示する提示年収の相場を調べてくれて、どの程度の年収が得られるかをわかりやすく教えてくれるからです。業界内の自分の市場価値を知ることも重要です。年収の相場を事前に把握した上で行動することで、転職後に年収交渉を行いやすくなるのです。高い年収を求人している企業に転職成功して、転職先企業からオファーを得られる確率が高まります。

オファーを受ければ、企業側も優秀な人材を採用することができるからです。給与に納得ができていない時には、交渉を行うことも出来るので、転職エージェントを活用しましょう。

現在の技術力も考慮した上で、転職先企業で必要とされているスキルや技術をアピールすることが出来れば、年収が上がる可能性が高まります。給与の交渉をするというのは、決して簡単なことではありません。

ただし、給与が高い企業を狙うのが、エンジニアにとって成功への近道になるので、転職エージェントを上手に活用するようにしましょう。そして、スキルや知識を身に付けて、活躍できる道を見つけましょう。

タイトルとURLをコピーしました