理系技術者なら有利?文系学部でも積極採用されているIT業界

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者なら有利?文系学部でも積極採用されているIT業界

理系技術者なら文系学部でも積極採用されているIT業界ですごく有利な転職ができるメリット

理系技術者なら文系学部でも積極採用されているIT業界ですごく有利な転職ができるメリットは、この業界に飛び込む大きなポイントです。大企業や官公庁のプロジェクト、外資系、メーカー、ソフトハウスなど、広い選択肢が用意されています。またこの業界は、システム開発の仕事がとても一般的です。

最先端のテクノロジーも多くの分野に恩恵を与えます。つまり、この業界で働きたい人は、理系の出身者ばかりです。ただしシステム開発とは言っても、どんな業種でもシステムエンジニアやプログラマーは必要であり、どんな企業でもコンピュータの知識と技術力は必須です。ただし、システムの開発の仕事には専門性が身に付くほど、プログラミングのスキルが要求されます。文系学部で学んだ人の場合には、やはりプログラミングに関するスキルは、身についている方が有利です。

エンジニアとしての経験のコツを掴むまでには、ある程度の時間が必要ですが、研修や教育制度が充実しているシステムエンジニア系企業に転職するのが、やはり一手です。

理系技術者なら文系学部でも積極採用されているIT業界ですごく有利な転職ができる際に考えたいポイント

理系技術者なら文系学部でも積極採用されているIT業界ですごく有利な転職ができる際に考えたいポイントは、求人数とエンジニアの社会的評価に優れた企業が数多く存在する点です。求人数が多いことは転職へのハードルを引き下げるので、未経験者の転職では特に優位に働きます。エンジニアが多くの経験をつみ、強いコミュニケーション力を持っていたり、技術的な知識が豊富であれば、それに応えられる企業は山ほどあります。

逆にコミュニケーション能力が低かったり、技術的な知識が不足していたりする場合は、たとえエージェントなど専門家からのサポートが受けられる場合でも、企業が積極的に採用しようとは考えません。実務の経験が豊富なエンジニアのみが、企業のニーズにマッチする形で採用されるわけです。

しかし、たとえIT業界に未経験で入社したエンジニアでも、その多くが業界から高く評価されることは、前章でも触れた通りです。企業側はエンジニアの能力に高いものを見いだしていますし、実際に即戦力となれる人材の場合、エージェントとしても採用したいと思うのは自然な流れでしょう。

つまり、エンジニアにとって、好条件の転職は決して不可能ではないということになります。

理系技術者なら文系学部でも積極採用されているIT業界で有利な転職ができると考えた場合、転職エージェントを利用しないともったいない理由

理系技術者なら文系学部でも積極採用されているIT業界で有利な転職ができると考えた場合、転職エージェントを利用しないともったいない理由は、エージェントがいることで、自分一人では見つけられないような企業の情報をいち早く手に入れられる点です。特に、IT業界は日進月歩、技術革新の激しい業界なので、情報を早く手に入れて、スピーディーに転職活動をすることが成功のカギです。また、自分では入手できないような企業の採用情報や、公開されない非公開の採用情報や面接について知れるのも大きなメリットといえます。

IT業界と一言でいってもさまざまですが、一般的な傾向として、企業の人事採用側は、技術系、文系、第二新卒を問わず、ポテンシャル採用を行う傾向にあります。ポテンシャル採用とは、「既存の概念にとらわれない、成長性を感じられる人材」のことを指し、新しい技術に対して意欲的に取り組む人を積極的に採用しようとしているのです。

未経験だからといって、応募しない手はありません。

タイトルとURLをコピーしました