理系技術者が高収入を目指して転職するメリット

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が高収入を目指して転職するメリット

理系技術者が高収入を目指して転職するメリット

理系技術者が高収入を目指して転職するメリットは、収入面にも表れています。もちろん生活していくために大切な収入ですが、その金額に差が出るのは魅力的な特徴と言えます。特に収入を重視して転職を考える人は、理系技術者の場合は理数系国家資格の取得が有利に働く傾向があります。

理数系国家資格の取得者は、転職の際に高収入が認められやすいです。例えば、基礎研究や高度な専門知識を必要とするような仕事を扱っている企業に転職すると、理数系国家資格がなければ採用されないこともあります。

特に研究系の仕事は専門的な分野であるため、資格を持っていないと就職や転職に不利な場合もあります。そういう点に注意して、転職時に有利な理系国家資格を学んでおくことも大切だと言えます。

給与額が上がるというのはもちろんですが、収入面にプラスして将来の選択肢が広がることが主な理由だと言えるでしょう。なお、年収1000万円を超える高収入を得るためには研究能力を向上させることが必要になります。

理系技術者の平均年収は1000万円程度となっていますが、これはあくまで全体的な平均値です。

理系技術者が高収入を目指して転職する場合に考えておきたいポイント

理系技術者が高収入を目指して転職する場合に考えておきたいポイントは、技術者としてやっていくつもりがあるか?ということです。会社員であれば、目の前の仕事に真剣に取り組むことはもちろん、キャリアアップを考えつつ、収入アップも視野に入れて仕事をすることになると思いますが、企業に属する技術者という立場になるのであれば、今後は個人でやっていくことを考えておかなければなりません。自分一人が食べていけるだけの収入がなければ、会社員や組織に属していた場合には、その後の転職、結婚、子育てなども考えなければならないでしょう。

家庭を持つことが自分にとって幸せなのかどうか、ということを考えつつ、キャリアアップを考えておく必要があるでしょう。そう考えると、技術者としてやっていく自信がある、技術者として自立したい、という人は結構ハイレベルな意識を持っていると言えます。

年収が500万の場合の転職活動について、技術職の求人はどうなのか、ということを話しましたが、年収500万で転職するという方法もあります。ただし、それは特殊な技術などを有する、高度な技術者や研究者に限定されます。

タイトルとURLをコピーしました