理系技術者が転職活動をきっかけに語学力向上を検討するメリット

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が転職活動をきっかけに語学力向上を検討するメリット

理系技術者が転職活動をきっかけに語学力向上を検討するメリット

理系技術者が転職活動をきっかけに語学力向上を検討するメリットは、英語ができるようになる以外にもたくさんあります。今回は、そのメリットについてご紹介します。技術者から「語学力を活かしてグローバルな活躍ができる」という道へシフトしてみませんか?転職のチャンスを逃さないためにも、ぜひ積極的に勉強をしましょう。 では、実際の転職活動において、「語学力」をアピールする際に気を付けた方が良いポイントについて、見ていきましょう。

「転職理由で語学力をアピールするべきか」 「語学力はアピールしたほうが良いか」と悩まれている方の中には、実際にどういった内容を説明したら良いかわからない方もいらっしゃるかもしれません。そのため、 ここでは、転職で「語学力をアピールするべきか」ということから考えていきます。

まずは、語学力をアピールする具体的な方法について確認してみましょう。 面接において、語学力の高い技術者を志望動機でアピールする際には、「仕事の中で、語学力を活かせる場面がある」といった回答が好まれます。

仕事の中で、語学力を活用したい場面としては、主に以下の4つがあります。

理系技術者が転職活動をきっかけに語学力向上を検討する場合のポイント

理系技術者が転職活動をきっかけに語学力向上を検討する場合のポイントは、まず、技術者が英語力をどのように活用したいかを決めることです。職種による違いもあります。海外の取引先とビジネス展開したいのか、あるいは語学力はなくても直接取引が可能な人材の積極採用なのか、といった問題です。まずはこれを明らかにしましょう。

その際に2つのことを頭に入れましょう。1つは、技術者がその技術を使える分野であれば、語学力はそれほど必要ではないこと。技術は言語の壁を越えてできることが多く、また相手にもそのように教えれば、大抵は理解してもらえるものです。もう1つは、技術者の能力、すなわち理解力や表現力、コミュニケーション力などが十分に発揮できれば、十分に対応できるということである、ということです。

語学力の有無で転職後のビジネス環境が変わることはないでしょう。ですから、転職先に海外の人材を採用する需要が高く、より高いレベルでの語学力を求めるのであれば、こうした業界に飛び込むことを検討するのも良い選択だと思います。転職したい市場での需要について深く知らなければ、そもそもその世界でその分野では高く評価される力などを持っていないかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました