理系技術者が働きながら転職活動を行うメリット

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が働きながら転職活動を行うメリット

理系技術者が働きながら転職活動を行うメリット

理系技術者が働きながら転職活動を行うメリットは、産業医・産業衛生を専門とした産業医紹介会社を利用できる点です。つまり、専門分野で仕事をしたいと考えて転職活動を行う場合には、産業医・産業衛生を専門とした転職サイトを利用するのがベターと言えます。産業医求人サイトに登録すると、産業医希望者のニーズに合わせた幅広い募集案件を紹介してくれます。

待遇はもちろん、給与の面もきちんと調べた上で企業を紹介してくれるので安心です。全国の求人情報を網羅したサイトよりも産業医・産業衛生を専門とした専門の転職サイトに登録するようにしましょう。

なぜなら、大手転職サイトのデータベースでは求人数は多いですが、規模が大きく、その地域ならではの求人や、非公開の求人が無いからです。大手だから安心、大手サイトだから求人数が多いと安易に見ると、情報量が豊富ではない、といった落とし穴があるかもしれません。

産業医求人サイトは、登録者数も多いため、大手サイトに登録したがブラック企業で苦労した、という話を聞くこともあります。ですから、転職したい職種や、働きやすい職場を求めるのであれば、産業医を専門としたサイトの方がおすすめです。

理系技術者が働きながら転職活動を行う場合のポイント

理系技術者が働きながら転職活動を行う場合のポイントは、業種や職種によって必要となる技術力や資格が違ってきますので、自分の実力をしっかりと認識して、高めたい資格があればそちらを取得しておくことをおすすめします。大学院であれば、特に大学院の理系の学位や博士号などは大きなアピールポイントとなります。もちろん、面接の際に専門分野について熱く語っている人は少なくありませんが、知識レベルでもアピールできるようにしておいてください。

理系の技術職の場合は、基本的には技術力で転職が決まることが多いため、知識レベルでのアピールはあまり重視されていない傾向にあります。そのため、転職する際には一つの専門分野に留まらず、技術力を向上させるための経験を積んできたということが重要視されているのです。

そのため、転職サイトを使って自分で求人を探すだけでは、転職を失敗する可能性もあるということは頭に入れておいてください。そして、転職サイトなどを利用して転職活動を行う際には、担当のキャリアアドバイザーに自分の強みを的確に把握してもらうようにしてください。

そうすることで、自分では気づかなかった自身のキャリアに自信を持てるはずです。転職サイトを使えば、大体の転職先の候補を絞り込むこともできますので、転職に不安のある方にとって非常に便利です。

理系技術者が働きながら転職活動を行う場合、転職エージェントに登録して転職活動を進める方が良い理由

理系技術者が働きながら転職活動を行う場合、転職エージェントに登録して転職活動を進める方が良い理由は、その求人数にあります。例えば、エンジニア職の求人数はかなりの数あります。それに求人数が多いという事は、それだけ自分に合った案件が載っている可能性も高くなります。また、転職に関しても、在職しながら転職活動を進める事ができると言うメリットがあります。

なぜなら、転職エージェントでは求人数の他にも面接などのアポイントメントの調整や管理も行ってくれますし、進捗状況の把握なども行ってくれます。そのため、スムーズに転職活動を進める事ができるので、在職中でも転職活動を進める事は可能なのです。

また、総合型の転職エージェントでは求人数が少ないイメージがありますが、全てのキャリアアドバイザーが、エンジニア職に強いと言うわけではありません。そのため、各分野の専門性が高いキャリアアドバイザーが在籍している、例えばDODAや@typeなどには、エンジニア業界での転職に関しては幅広い知見があるため、幅広い選択肢から求人を見る事ができるというメリットがあります。

タイトルとURLをコピーしました