理系技術者が転職の際、事前に後任を育てておくメリット

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が転職の際、事前に後任を育てておくメリット

理系技術者が転職の際、事前に後任を育てておくメリット

理系技術者が転職の際、事前に後任を育てておくメリットは、転職先での即戦力となることです。前任の技術者の能力が認められ、社内での実績を上げることで、上司は技術力のある人間だと認めてくれます。その実績を評価されて、中途採用から将来的には要職に抜擢されることも期待できます。

転職成功まで後任育成期間が設けられ、転職先は技術力が高い人間が集まった職場で働くという恵まれた環境も整っていることが多いのです。ただし、問題となるのは転職先が常に人員不足なことであり、自ら積極的に後任を育てなければ、いつまでも前任の技術者の仕事を手伝うことになります。

すると、前任者以上の技術力が身に着いたとしても、給料面で逆転されることがあります。転職先でも技術者として活躍し、高い給与を手に入れようと考えているならば、前任者から後任にノウハウを教え込む、あるいは後任に教わった技術や知識をもとに転職先の仕事を任されるようにするなどの努力が必要となります。

理系技術者が転職の際、事前に後任を育てておく場合のポイント

理系技術者が転職の際、事前に後任を育てておく場合のポイントは、次のようなものです。まず何よりも、後任者候補の能力を先にじっくり見極めてから、採用するかどうかを決めるようにしてください。能力を十分に把握できれば、入社後の教育も可能ですし、その可能性も見極められるはずです。

また、「仕事ができる人」のなかには、転職前に会社の評価システムで上位に入っている人も多くいるものです。そうした人の場合には、会社にとって利益が少ないことや、本人の希望により、入社後に社内の評価システムをどうするかを考えるという方法も検討してください。

他社では出世コースから外れた人でも、新天地で一発逆転を狙うという人もいますが、その場合は前職での高い実績が何よりも重要なわけです。いずれにしても、後任の能力を見極めることは重要です。

あらかじめ後任の候補者のポジションや仕事の範囲を想定しておき、その周辺で活躍してもらえるスキルがあるかどうかを見極めておくと良いでしょう。たとえば、電気、機械の2分野に精通している人はいませんか。こうした人材がいたら、それについては即戦力になります。

理系技術者が転職の際、事前に後任を育てておく場合、対応方法について転職エージェントに事前に相談しておくのが良い理由

理系技術者が転職の際、事前に後任を育てておく場合、対応方法について転職エージェントに事前に相談しておくのが良い理由は、次の点が挙げられます。 まず、先に採用者側となった企業の社内に元技術者(今回は開発者)が在籍している場合、その方からも相談に乗って頂くことが期待できる点です。転職する際にキャリアプランなどを相談しても、相手側からすれば「勝手に社内で使っても良いよ」程度のおおらかな対応に止められる可能性があります。

しかし、企業側の人材開発部門に在籍している元技術者からすれば、自社の技術者をどう成長させていくかという点には重きを置いていることが考えられます。 そのため、相談してみると「よしそれなら君も育てるから入社して修行させてやろう」と転職の際に採用者側となった企業の側から前向きな提案がしてもらえる可能性が高くなります。

次に、今回の転職では、技術系の職種では無いため、未経験者であるというところがポイントとなります。

タイトルとURLをコピーしました