理系技術者が転職で面接の準備を入念んに行うメリット

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者が転職で面接の準備を入念んに行うメリット

理系技術者が転職で面接の準備を入念んに行うメリット

理系技術者が転職で面接の準備を入念んに行うメリットは、やはり「転職」という特殊な分野で働くための練習ができるという点です。たとえば、面接の心得や場慣れ、苦手な分野への対処方法など、他業界出身の技術者には理解できないノウハウはたくさんあります。そのノウハウを学ぶことができるだけでも、転職面接の練習は必ず転職活動を有利に進められるよう強い味方になってくれます。

また、研究内容を面接で主張できても、それが技術的に正しいかどうかを判断することはできませんが、模擬面接を実施することで自分の話す内容の技術と信頼性のバランスが客観的にわかります。面接担当者が「専門知識がない人だ」と無意識のうちに判断して落とす面接もありますが、それは「専門知識がない人」が就職する場所がおかしいと判断すればいいだけです。

採用したい人と「専門知識がない人」はまったく違うのは誰もが知っていることですが、どうしても技術者のスキルだけが注目されがちなのが現実です。そういう場に面接にこぎつけるためには、技術者から転職して面接でアピールできる部分を最大限にアピールすることが重要になるでしょう。

理系技術者が転職で面接の準備を入念んに行う場合のポイント

理系技術者が転職で面接の準備を入念んに行う場合のポイントは、応募先の業務内容をある程度知っておくことです。特に業界構造なども含めて、転職先の業界全体あるいは自分が働く業界について予め知っておく必要があります。まず初めに、プロジェクト事例から志望業界について研究してみます。

また、選考で聞かれる内容なども想定して答えられるように考えておきましょう。現場をよく知る技術職ですから、専門的な質問が予想されますので、営業やSEなど、他の職種にも同じ質問が投げかけられる可能性があることを念頭においておきます。

ここでは技術的な質問だけではなく、面接でよく聞かれるであろう基本的な質問にも答えられるように準備をしておきましょう。例えば以下のような質問です。

タイトルとURLをコピーしました