理系技術者も転職の際に企業のニーズをしっかり分析しておくメリット

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系技術者も転職の際に企業のニーズをしっかり分析しておくメリット

理系技術者も転職の際に企業のニーズをしっかり分析しておくメリット

理系技術者も転職の際に企業のニーズをしっかり分析しておくメリットは、面接ではっきりとアピールできることにあります。研究職は実力主義で、技術や能力だけで評価される部分が大きいため、学歴やこれまでの経験はかなり重要視されます。それに対して一般的な営業職やエンジニア職は「こんな仕事は自分の強みにはならない」と考え、応募書類を書く段階で「こんな人材は採用するつもりはない」と[UNK]印を押す企業も少なくないようです。

この部分を覆すために、理系技術者の場合、自分の研究やエンジニアとしての仕事が「なぜ転職しようと思ったのか」「どんな形で会社に貢献できるのか」を面接でしっかりと伝えましょう。その際、過去のキャリアについて聞かれることが多く、「○○研究所で研究をしていた」などは、実際にどんな研究をしていたのか面接官に具体的に伝えることで、転職することでの活躍に期待を持たせることができます。

面接でのコミュニケーションや志望動機、自己PRの工夫でこれまでの転職での実績やキャリアをアピールできれば、理系技術者の転職は有利に進められるはずです。

理系技術者が転職の際に企業のニーズをしっかり分析する場合に、転職エージェントのアドバイスを聞きながら転職活動を進めた方が良い理由

理系技術者が転職の際に企業のニーズをしっかり分析する場合に、転職エージェントのアドバイスを聞きながら転職活動を進めた方が良い理由は、以下の通りです。企業と技術者の双方が、効率よく仕事に向き合うことができる転職活動を進めていくことができます。転職エージェントを利用する場合、技術者が転職活動の初期段階から活用すれば、技術者の興味・適正を把握した上でのアドバイスも十分に得られることから、面接対策なども入念に行っていくことができるでしょう。

企業側からすれば、優秀な技術者ほど、ニーズが明確になった途端、転職によって高い年収を目指す方が少なくないため、様々な場面で重宝することになります。転職エージェントのアドバイスをしっかりと活かして、効率的に納得のいく転職活動ができるようにしましょう。

営業職へ転職する場合、中途採用であっても営業職を採用することはよくあるため、資格やキャリアよりも、その営業スタイルを重視する企業も少なくありません。そのため、営業職の転職を考える技術者は、営業職の仕事ができるということを確実にアピールできるように準備することが大切です。

タイトルとURLをコピーしました