理系の転職では専門性が高く優秀なのに失敗するのはなぜ?

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系の転職では専門性が高く優秀なのに失敗するのはなぜ?

理系の転職で専門性が高く優秀な人でも失敗する理由

理系の転職で専門性が高く優秀な人でも失敗する理由は、志望動機が明確でないことです。営業をやりたい、経理をやりたい、ITエンジニアになりたいなど、自分がやりたい仕事は明確なのだけれど、それを面接官がどう感じるかで判断が大きく変わるんです。そこにギャップが生じ、選考に影響が出てしまうのです。

そこで、まず最初の段階で、自分の将来の夢について「ちょっと具体的に考えてみて」と問います。面接官としては、あなたと一緒にその会社に行って、働きたいかどうかをまず確認したいと考えています。将来、漠然としていた夢が具体的になればなるほど、志望動機もしだいに固まってくるはずです。

夢というつかみどころのないものを、ひとつの目標として捉える。そういった努力で、夢を言語化していってください。夢に嘘偽りのない言葉にこそ、あなたが企業でやっていける熱意と自信が表れるのです。そして、もう一つ重要なことが、やりたい仕事に関連する資格の勉強に取り組むことです。

そうしておけば、転職の面接官に、実務経験が無いことをカバーできるし、興味を持ってもらえる。

理系の転職で専門性の高さを活かすには転職エージェントに相談した方が良い理由

理系の転職で専門性の高さを活かすには転職エージェントに相談した方が良い理由は、大きく以下の3つです。具体的には下の3つです。専門性の高い業界なので、企業の利益向上につながる提案が可能 「実際に転職をサポートした人の声を聞く」ことで、より良いエージェントサービスの判断材料になる 専門性の高さを生かし、特定の業界に強い転職エージェントを活用した方が、専門のノウハウを持ったキャリアアドバイザーと話すことができるので、より質の高い転職をすることが出来る専門性の高い業界は、提案の幅がかなり広がり、納得のいく転職を目指せます。 金融系や技術系の専門職は非常に専門性が高く、特定ジャンルに特化した転職サポートをしている転職エージェントは少ないので、転職支援サービスの選択肢は限られています。

しかし、幅広いジャンルを広くカバーしている転職エージェントも数は限られています。専門性の高い転職エージェントなら「金融系に特化した専門の転職エージェント」「技術系に特化した専門の転職エージェント」など、その専門に特化した転職エージェントがあります。

タイトルとURLをコピーしました