理系の転職で自分の適性に悩んだら・・・

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

理系の転職で自分の適性に悩んだら・・・

理系の転職で自分の適性に悩んだ場合

理系の転職で自分の適性に悩んだ場合は、どうして転職するか、ということを考えたほうが良いでしょう。必ずしも研究分野によって必要な人材が求められるわけではありませんし、理系的なセンスより理系の知識の方が役立つこともあるでしょう。それでも、現在必要だといわれる研究職に就いていない、将来の自分の可能性を試してみたいと思うのなら、比較的大規模な研究機関で面接を受けたり、論文発表を積極的に行う必要があります。

大規模に宣伝している大学や学部は、やはりそれなりの理由があるものです。面接でアピールできる材料があれば積極的にアピールすると良いでしょう。

もし不向きだと思っても、研究者は就職活動の一環としてどのような場所でも多くの社員が集まる面接に挑戦しています。面接会場まで自分を磨いて行けば、人材評価の厳しい環境でもきっと通用するでしょう。

一方で、就職活動もせず、ひたすらに研究をしているのは評価の対象になりにくいでしょう。研究・開発は長い期間ずっと続けなければなりませんので、研究に打ち込める人を企業は好みます。

転職に迷ったら、将来の自分の可能性を確かめて見ましょう。自分に自信がもてますように。ランキング投票をお願いします。

理系の転職で自分の適性がどの職種か判断する方法

理系の転職で自分の適性がどの職種か判断する方法は、工学部・理学部の違いや、人の特徴について知ることから始めると良い。これは、「自分は理系のどこに向いているのか?」という質問に対する答えにもなる。理系の転職を考えているなら、まずは人材紹介会社や転職エージェントに登録して登録情報を整理しておこう。

そして、転職サイトの求人を見て今の適性判断をするのと並行して、転職エージェントによる適性診断を受けると客観的な判断ができる。また、転職エージェントが既に募集をしている企業とのつながりを活かして仕事紹介を受けることができる場合も多いので、エージェントに事前に自分の情報を伝えることによって、あなたに合った企業をアドバイスしてもらえる可能性がある。

自分の適性を考慮して、できるだけ多くの人材紹介サービス・転職サイトに登録をして、複数の求人を見ておいてから判断するようにしたい。総合商社やコンサルなどの専門職も、学生時代から理系の分野を学ぶことが多いため、その方面の転職であれば問題はないだろう。

しかし、一般企業の営業職に転職する場合には、理系の知識以上に、コミュニケーション能力のほうが重要視される。

タイトルとURLをコピーしました