企業の研究者として働くとき、研究分野を変える場合どうする?

おすすめ情報

未経験OK、20代の理系に特化した就職、転職サービス!!UZUZ

・理系に特化した高い内定率、書類通過率。
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策がなんと無制限に実施!
・理系で在職中、離職中の方はもちろん、理系に関連する仕事が未経験の方も、理系を活かした条件の良い企業を紹介できる。
・安心して登録できる、ブラック企業を徹底排除の仕組みあり!

IT・WEBエンジニアの転職なら「マイナビIT AGENT」

理系の転職でこちらを未登録の人はいないと思いますが・・・私も登録済。

転職のプロである「エージェントサービス」を活用して、あなたの理想の転職先をゲットして下さい。
特に、IT系は「転職すれば収入が上がる」と言われていますし、是非うまく利用したいサービスです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

業界最大級!医師転職サイト「医師転職ドットコム」

医師専門の転職支援サイト【医師転職ドットコム】です。

無料登録ですが、転職をサポートする専任コンサルタントがつきます。
登録のあった医師に電話連絡を行い、本人確認を行うという流れです。

キャリアを考える医師向けに、最前線で活躍する医師へのインタビューやキャリア・ノウハウ記事を「公式サイト」でご覧になれます。

企業の研究者として働くとき、研究分野を変える場合どうする?

企業の研究者として働くとき、研究分野を変える場合

企業の研究者として働くとき、研究分野を変える場合は、退職することになりがちなようです。特に、生命科学分野から、工学や環境科学分野など、他の産業分野に変わる人がよくいるようです。そのような方に、ぜひ取り組んでいただきたいのが、これまでの知識や経験を活かし、企業の研究管理部門で、研究管理業務に就いてもらうことです。

その場合には、当面は、以前の研究分野の経験を活かすことになりますが、職場の異動の機会も得て、研究分野を広く経験し、スキルを磨くことができます。また、このような方は、若手でも、幹部として研究開発を指揮することが可能なので、会社の将来性や成長力という点でも、大きな戦力になります。

このように、研究管理のスペシャリストとしてのキャリアを歩むにあたって、他の研究分野を選択することも、十分、検討に値すると思います。ただし、どこの企業でも、研究管理のスペシャリストとして、中途採用を繰り返していると、幹部などの管理職にはなりませんので、ご注意下さい。

企業の研究者として働くとき、研究分野を変える場合の考え方のポイント

企業の研究者として働くとき、研究分野を変える場合の考え方のポイントは、自分の専門外の技術や理論等を学ぶこと。大学などでの基礎研究により身につけたものを、自社の技術へ応用していく。そこで、自分自身の専門外である「オープンイノベーション」の研究室に所属することは有効な手段のひとつといえる。

学生時代の研究内容を起業へと転身するなんて、なんだか大きなことをしているようだけれど、これも立派な「T字型キャリア」。「まだ誰も知らない未知の領域を探索する」ことや「その分野で働いている人、働いていることに興味があって、話を聞いてみたい」という強い好奇心を持って研究テーマや研究室を選んでほしい。

そうして得られた知識を持って、自分自身の武器やアイディアとして、次のキャリアを切り開こう。そうして、「オープンイノベーション」の研究者として研究と事業活動を両立する。

そんなキャリアは、僕たちの未来をより豊かなものにしてくれるはずだ。そして、それは大学院を卒業したのちに感じるはず。

きっと、理想のキャリアの選択が待っている。まだ知らない自分の可能性を、どうか僕たちと一緒に探してほしい。

企業の研究者が研究分野を変えるか迷ったら転職エージェントへの相談をおすすめする理由

企業の研究者が研究分野を変えるか迷ったら転職エージェントへの相談をおすすめする理由は、企業の…記事を読む 企業の研究者が研究職を変えるか迷う理由とは 企業の研究職に転職を考えているが、それが自分にとって最適な選択肢なのかどうか、なかなか判断しにくいという方もいると思います。…記事を読む 研究職は「研究者」でも、技術者を離れてアカデミックの専門家を目指すキャリアの選択とは 企業の研究職からアカデミックキャリアを選択する場合、どういう選択肢があるかをお伝えします。 企業研究者からの転向(キャリアチェンジ)を狙っている研究者がいたら、ぜひ参考にしてみてください。

…記事を読む 研究職は「研究室」に所属するのか?それぞれの特徴を知る 会社研究職は企業研究の仕事を通して、情報収集能力や分析・評価能力を身に付けることができます。 企業研究職は、企業の本質的な問題に対する仮説を立て、それがどうなっているのかを調べます。

この企業の本質的な問題を、企業の戦略に組み込んで、さらなる効果を発揮させるための仕事です。

タイトルとURLをコピーしました